アラカン"BOKU"のITな日常

あれこれ興味をもって考えたことを書いてます

ブラック企業を生むのは、まわりまわって、自分たちなのかもしれないな。

 便利と不便のどちらが良いか?

 

そう聞かれれば、便利の方が良いに決まってます。

 

価格が高いと安いの、どっちが良い?

 

そう聞かれれば、同じ品質なら安い方が良いに決まってます。

 

ただですね、消費者である自分らが甘受している「便利さ」と「安さ」がどういう仕組で実現されているのか?を考えさせられることが最近、多いです。

 

ヤマト運輸をはじめとする運送業界の労働問題のニュースとかね。

 

あと、24時間営業で便利なコンビニでも、それを実現する裏方としての店長さんのこんな記事を見ると、気が滅入ります。


知り合いで脱サラでコンビニをしていた知人の話とも見事なくらいにダブるので、かなり同様の人はいるんだろうなと思いますし。

 

極めつけは、最近、厚生労働省が発表したブラック企業リストです。

 

仕事がら、そのへんはウオッチしていたりするので、ブラックもしくは隠れブラックと呼ばれる企業の有名どころは、わりあい知ってるほうだとおもってます。

 

こんな賞とかもありますしね。


でも、厚生労働省のリストを見てると、掲載されている企業のほとんどが、聞いたこともない企業なのに、ちょっと驚きました。

 

それで2つ3つ、ランダムにググってみたら、どうも下請け専門の企業っぽいところばかりなんですね。

 

ああ、そういう仕掛けか・・と、思い当たりました。

 

結局、親会社もしくは元請け企業のしわ寄せが、弱いところに集まってしまっている構図なんだろうなと。

 

まあ、いかなる事情があるにせよ、労働者を搾取することは許されません。

 

ただ、どんな物を作るにも、サービスにもコストがかかります。

 

当然、人件費はその中の大きなものです。

 

企業努力によって、そのコストは下がってはいきますが、常にその時の適正コストというのは存在します。

 

その適正コストとは、「労働者が人間らしく働く範囲で実現可能なコスト」でなければならないことを忘れてはいけないんですね。

 

それを逸脱して、消費者が企業にもとめてしまうと、心無い経営者がブラック企業を生み出してしまうということなんです。 

 

だから、ブラック企業を非難するばかりではなく、自分自身も考えなきゃいけないことはあるなあと思います。

 

適正コストから導かれる適正な価格のものを買って、大切に使う。

 

適正コストの範囲内で可能な最大限のサービス以上を求めない。

 

”丁度良い”とか、ほどほどとか。

 

その「適正」であるという基準というか、落とし所を見つけるのは、正直簡単なことではありません。

 

でも、単に、もっと安く、もっと便利に、もっとスピーディに・・の「もっと、もっと」という進化のアクセルを踏み続けて、それを実現するのは企業努力に委ねるという名のある意味「責任丸投げ」をするという構図を、ちょっと考え直す必要がある。

 

そういう時期にさしかかっているのは間違いない。

 

そう思えたんですよね。

 


社会のことカテゴリの前の記事

正解がひとつしかないみたいな教育ばかりしてて良いのかな?