アラカン"BOKU"のITな日常

文系システムエンジニアの”BOKU”が勉強したこと、経験したこと、日々思うことを書いてます。

ニューラルネットコンソール

日本語文章を「'0000'から'FFFF'(マルチバイト)の出現頻度で符号化」してみる:/使い方43

自然言語の文章データを文字コードの出現頻度で正規化するのマルチバイト版('0000'~'FFFF')です。

DELTA #3で発表した「AI編集長を模擬る」の補足・ソースコードとか / Neural Network Console 使い方42

2018/08/30「DELTA TOKYO #3 〜NeuralNetworkConsoleの面白い使い方を学ぼう〜」で発表したテーマのソースコードと補足説明です。

SquaredErrorとMax Epoch=0で学習・評価実行の加工結果をモニタする(CNN関係)/使い方41

SONYのNeural Network ConsoleでSquaredErrorを使い、Max Epoch 0で学習・評価実行します。今回はCNN関連レイヤーの加工結果のモニタをやってみます。

SquaredErrorとMax Epoch=0で学習・評価実行の加工結果をモニタする(Affineと活性化関数)/使い方40

SONYのNeural Network Consoleの少し裏技っぽい使い方です。SquaredErrorを使い、Max Epoch 0で学習・評価実行すると加工結果のモニタができるので、ちょっとそれで遊んでみます。

EXCELとNeural Network Consoleを連携する時の「ちょっとしたポイント」/使い方39

EXCELとの連携なら、セルに入力した文章とかをデータとして渡して、推論を実行するパターンもやっとかないと片手落ちっぽいので、ポイントのみ書いておきます。

モデルと学習済パラメータを使いEXCELから推論を実行する/使い方38/Neural Network Console

お遊びで、Neural Network Consoleで定義したモデルと学習済のパラメータを使って、EXCELから推論を実行して、EXCELシート上に結果を表示してみました。

Ver1.20で追加された「ユニット機能」を使ってみる/使い方37/Neural Network Console

Neural Network Consoleの新機能「ユニット機能」を使ってみました。

学習結果(パラメータ)を引き継いで追加学習するGUIな方法について/使い方36/Neural Network Console

Neural Network Consoleで自動的に試行錯誤してくれた結果を引き継いで、発展させていく2つの方法を試してみます。

過学習抑制目的のWeight DecayとはSGDを組み合わせるのが良いみたい/使い方35/Neural Network Console

Neural Network Consoleで、Weight Decayを使った過学習抑制と、Optimizerとの相性の検証をざっくりやってみます。

ネットワーク構造の自動最適化機能を試してみる(その2)/使い方34/Neural Network Console

Neural Network Consoleの自動最適化機能をちゃんと使ってみました。なかなか、興味深かったです。

ネットワーク構造の自動最適化機能ってどんなものか試してみる(その1)/使い方33/Neural Network Console

Neural Network Consoleの自動最適化機能をとりあえず使ってみて、わかったことあれこれ。

回帰問題にリベンジする。日別売上の予測っぽいことを再びやってみる/使い方32/Neural Network Console

Neural Network Consoleで「予測っぽいことをやってみる」の前回のアプローチが問題ありだったので、今回はリベンジです。

学習の実行速度を計測する機能(Profile)を試してみる/使い方31/Neural Network Console

Neural Network Consoleのprofile機能を使ってみました。

日本語文章を「'00'から'FF'の256列(次元)の出現頻度で符号化」する処理をクラス化する:/使い方30

自然言語の文章データを文字コードの出現頻度で正規化して、Neural Network Consoleで使えるデータにするまとめです。

文章を文字コードカウントで数値化したデータを使い、Neural Network Consoleで学習・分類する/使い方29

自然言語の文章データを文字コードの出現頻度で正規化したデータを使って、学習・評価してみます。

日本語文章文字コードの出現頻度で符号化して、Neural Network Consoleで使えるようにする-OK版/使い方28

自然言語の文章データを、汎用的にNNC(ニューラルネットワークコンソール)で学習できるデータに変換する方法を考えてみました。

単語の出現頻度をカウントする方法作成したデータを使いNeural Network Consoleで学習・分類/使い方27

前回、文章データをニューラルネットワークコンソールで使えるように加工したものを使って、学習・評価してみます。

日本語文章の形態素解析と単語数のカウントで学習・評価で使えるデータに変換-ファーストチャレンジ/使い方26

ニューラルネットワークコンソールでは、文章テキストデータは、そのまま学習データとしては使えませんが、数値データに変換すればOKです。今回はそのやり方の1回目です。

ニューラルネットワークコンソールで学習してnnabla_cli.exeで推論実行(OK編)/使い方25

クラウド版およびWindows版のNNCで学習済のモデルとパラメータを使って、nnabla_cli.exeで推論するのをやってみます。

ソニーのニューラルネットワークコンソールがバージョンアップしました!/使い方24

ニューラルネットワークコンソールの新しいバージョン1.10がでていたので、とりあえずダウンロードして試してみます。

ニューラルネットワークコンソールのクラウド版で学習してローカルで推論実行(失敗編)/使い方23

今回は、クラウドで学習済のモデルとパラメータをダウンロードして、Windows上で再利用するのをやってみます

ソニーのニューラルネットワークコンソールのクラウド版でデータセットを追加してみる。/使い方22

ニューラルネットワークコンソール(Neural Network Console)クラウド版で今回はデータのアップロードを試してみようかと思います。

ソニーのニューラルネットワークコンソールのクラウド版を試しに使ってみる/使い方21

ニューラルネットワークコンソール(Neural Network Console)に、インストールしなくても使えるクラウド版ができたみたいです。早速、試してみます。

少ない画像データをPILで水増しして、学習精度があがるか検証する/使い方20:ニューラルネットワークコンソール

今回は、少ない(1カテゴリあたり40枚~60枚しかない)カラー画像データを、水増しして、前回71%と散々だった学習精度向上にチャレンジしてみます。

Caltechのカラー画像を使って、LeNetによる分類をやってみる/使い方19:ニューラルネットワークコンソール

久しぶりに画像分類に戻ります。今回は、カルフォルニア工科大学が機械学習用に配布してくれている「Computational Vision At CALTECH」のカラー画像データを使います。

LSTMでもう少し予測っぽいことができないかやってみたが・・問題あり^^;/使い方18:ニューラルネットワークコンソール

LSTMユニットを使って、もう少し予測っぽいこと・・例えば未来の売上予測みたいな・・ができないか?を試してみることにします。

LSTMユニットというものを見つけたので試しに使ってみる/使い方17:ニューラルネットワークコンソール

LSTM(Long Short-Term Memory)ユニットを使ったRNNで、予測みたいなことをやってみます。シンプルRNNとの差がどの程度あるか?を試します。

シンプルRNNをもう少し。予測みたいなことをやってみる:使い方16/ニューラルネットワークコンソール

シンプルRNN(Recurrent Neural Network)のサンプル「elman_net.sdcprj」をちょっと変更して、回帰問題・・予測っぽいこと・・をやってみます。

RNN(Recurrent Neural Network)をざっくり理解して、ちょっと使ってみる:使い方15/ニューラルネットワークコンソール

RNNの概要とニューラルネットワークコンソールでSimpleRNNのサンプルを動かしてみます。

CNNの精度向上にBatchNormalizationが効果があるって本当か試してみる:使い方14/ニューラルネットワークコンソール

BatchNormalization(ニューラルネットワークコンソール)で、BatchNormalizationで学習精度が向上するかを試してみます。