アラカン"BOKU"のITな日常

文系システムエンジニアの”BOKU”が勉強したこと、経験したこと、日々思うこと。

仕事のこと

命がけで仕事するなんて言葉は軽々しくつかってほしくない

個人的には「命がけで仕事する」みたいな強い言葉は、あまり乱用しないほうがいいなと思うのです。

ロボットで代替できる人間はいりません・・って、上から目線で気分悪いな。

ロボット・人工知能と人間が仕事を奪い合って勝負するなんていう局面でとらえる話が多いけど、それは違うな。

お茶くみやゴミ出しは女性の仕事!?昭和で時計が止まってるの?そんな会社が生き残れるの?

社員みんなのお茶くみは、女性社員の仕事。そんなのは、昭和の時代の昔話の中だけのことでしょ。そう思ってたんですけどね。あるみたいだと知ったので。

縁故入社やコネ入社って、本人にとっては良いことなんもない!!親の見栄でいじめないであげてほしい。

縁故入社もコネ入社も、一言で言えば、「ズル」です。 だから、やったらダメです。 でも、やる人はなくならないです。 やる人の気持ちの想像はできます。 子供が就職を控えている。 親としては心配だ。 それが、たまたま、権力を持っている知人がいて、頼め…

人の顔が覚えられない!・・ビジネスマンとしては致命的です。さて、どうしたもんかな?と悩んだ日々。

人の顔が覚えられない!・・なんてのは、お客さんのいる仕事では最低です。でも、覚えられないんだから仕方ない。そう開き直って色々苦労しましたね。

自分がいなければ仕事がまわらない!・・と頑張ることで、組織の進化を邪魔しないようにしないとなあ。

自分がいなければ仕事がまわらない!なんて思い上がりもいいとこ。・・なんですけど、そう思ってしまう時期ってあるんですよねえ。

正論を語り、改革をさけぶけど、自分で行動しない。そんな「コンサルタントもどき」は嫌だなあ

ミーティングや飲み会で、熱く、会社の問題点を語る人。 いますよね。 改革論者っていうんですかね。 こんなことをしていたら、ダメだ・・とか。 もっとリスクをとっていかないと会社は駄目になる・・とか。 そういう人は、わりとカッコよく見えます。 正し…

勉強したくない人、意識を変えられない人は会社を辞めてもらうしかない・・は正解なんだろうなあ

業績がのびない。 今のまま続けても、会社はもたない。 そんな風に思える時は、意外とさらっとやってきます。 さらに、社員の大半は、そうなっても、のほほんとしてたりします。 だから、例えば、経営者なりが先頭にたって、ケツを蹴飛ばして変えていかない…

多様性(ダイバーシティ)は大事だけど、それだけで会社が成り立つわけがありません。

多様性(ダイバーシティ)の重要性ばかり力説されることが多いですけど、いやいや、もっと大事なこともあるでしょ・・って思ったことをちょこっと。

社員同士が仲が良いからといっても、ブラック企業じゃない!・・とは限らないわけですよ

ブラック企業。この言葉から連想するイメージは殺伐とした感じですよね。でも、意外と雰囲気はいいけどブラックみたいなのもあるらしいと聞いたので。

マーケティングの話にやたらでてきたカタカナ語!相互理解を邪魔しているとしか思えないけどなあ。

カタカナ語が嫌いなわけではなけど、マーケティングの分野はちょっとやりすぎじゃないかと思います。もっと、日本語をつかおうよ・・。

パワハラやモラハラの話と、明確な人格権を侵害する暴力行為を混同してほしくないんだな。

人格権を侵害するような個人攻撃と、業務上のハラスメントが混同されているような気がしてます。レベルが全然違うんですけどね。

良い会社と悪い(ダメな)会社の分岐点。もうひとつ大切な「会社の哲学」のことを思い出しました。

会社の哲学って目に見えないのに、本当に大事なものだということを、前の2回に書くのを忘れていました。

良い会社から悪い会社(ダメな会社)になっていく分岐点。そういえば、こんな事もあったなあ。

前回、良い会社だったのが、ダメになっていく時って、こんな感じだったな・・と書きました。その時に忘れてて、後で思い出したことです。

悪い会社(ダメな会社)と良い会社の違いは紙一重。こういう兆候が見えたらヤバイかも!

どんな良い会社でも、ダメになっていくことがあります。徐々になるのでわかりづらいですけど。その兆候は、こんなところにでてくるので、要注意です。

資格をたくさん持っていることが転職で有利にならない理由

資格をたくさん持ってることが、逆に転職で裏目にでることもあるんだなと思った経験から。

仕事の方法論に絶対はないです!引き出しの多さと柔軟さが大事かな。

仕事が絶対にうまくいく方法論なんてないです。なんですけど、ついつい本をかってしまうんですよね。

正しい怒り方をしたいなら、タブーは「自分の都合で怒る」ことです。

正しい怒り方は、テクニックうんぬんの話ではなくて、結局人間性にかかわってくるんだと考えてます。

通勤ラッシュ、ランチ行列!時間貧乏の原因だとわかってるんだけどなあ。

通勤の満員電車にゆられながら、ふと考えたこと

部下を潰す上司?部下の文句ばかり言ってると、周囲にそう思われますよ。

言い訳したり、部下のせいにして自分を守ろうとしても、なかなか思う通りにはなりませんよ

失敗や挫折を経験していない人は、本当に尊敬すべき人になれないと考える理由。

失敗したって、前向きに自分で後始末してれば、その蓄積がスキルとして生きるし、人間的にも成長できるんですよ。

試行錯誤の重要性!とりあえず試してみないと前にはすすめないからね。

試行錯誤するってすごい大切なんだけど、それをするために必要なのは、「いつでも戻れる状態」を、つくりながらすすめることなんです。

ダイバーシティとか従業員の多様性とか・・実は面倒くさい。でも、必要なんです。

多様性ってことについて、あれこれ。なんで必要なのかなってところから。

会議とパワーポイントで作る会議資料作り。それだけを仕事にすると、間違いなく馬鹿になります。

会議にでるだけを仕事にしている人は、何もできない人になって、バカになった自分に後悔しますよ・・という話。

トラブル対応で活躍できる人の5つの共通点に気づいて、真似しようとしてみた。

トラブル対応時に活躍できる人の共通項を真似して、そのスキルを身に着けようとしてみた。

”経験者お断り!”って採用募集があってもいいよね

ありそうで無いもの?で、経験者お断りの採用募集って思いつきました。

会社と社員の関係は、「近すぎず、遠すぎず」のほどほどの距離感がいいんじゃないの

なんでもそうですけど、会社と社員の関係もほどほどの距離というのが、あるんじゃないかなあ。

転職を経験して学んだことと、価値観が変わったこと

転職を経験して学んだことと、考えを改めたこと。そして、就職面接のお手本通りにやっても、なんかうまくいかない理由など。

追い出し部屋?まだ、そんなことやってるんだ・・。

三越伊勢丹の追い出し部屋のニュースを見て、まだこんなことやっているんだと呆れたことと、そんな目にあった時に心構えなど。

男がみんな、お姉さんとお酒で喜ぶと思わないでほしい。

何でもそうなんですけど、画一的なやり方に、無理やりみんなをあてはめようとすると、必ず、どっかでおかしくなるはずです。 だって、人自体がみんな同じじゃないですから。 考え方も違えば、価値観も違うのに、画一的なやり方にあてはまるのが自然なわけは…