アラカン"BOKU"のITな日常

文系システムエンジニアの”BOKU”が勉強したこと、経験したこと、日々思うこと。

社会のこと

面白くなるかと期待したけど、期待はずれの衆議院議員選挙だったなあ

せっかく、面白くなりそうと思ったのに。結局、期待したような展開にはならずに、「いつもの選挙」に戻ってしまいました。

今のところ自民党の作戦に、みんながのせられている感じがするなあ。10.22衆議院選挙。

衆議院選挙の序盤の状況を見て、なんかうまいこと自民党にコントロールされてるなあ・・って思ったので、ちょっと書いてみました。

ついに公的債務が1300兆円目前!なのに、大騒ぎにならない不思議。

約1280兆円!もの公的債務を抱えている絶望的な状況にある国なのに、いまいち、危機感が足らないのは、何故だ?!と、考えてみた話です。普通に考えれば、絶望的なのにね。

なんか、不謹慎だけど、今度の選挙は面白いと思ってしまっている。

ホント、不謹慎なんだけど、面白いと思ってしまったんですよね。今度の衆議院議員選挙のドタバタを。

小池都知事の乱入で盛り上がる衆議院議員選挙にふと思うこと

衆議院議員選挙が盛り上がってます。この機会に「政党の公認」というものの重みも、もう少し見直してほしいなと思う今日このごろ。

悔しくてやってられないだろうなあ・・

勇気ある人だなあ・・って印象に残っていた「詩織さん」関連の記事をひさびさにみて反射的に書いてます。

北朝鮮のミサイル発射!!で、都度、日本のマスコミが騒ぐのを喜んでると思うと、また腹が立つ。

北朝鮮のミサイル発射!!って、じゃんじゃん騒いでるニュースを見ながら、マスコミが騒いで一番喜んでんのは、北朝鮮だろうな・・って思ったので。

支持政党なしが増加!!でも仕方ないです。だって、政治家全体の信頼が揺らいでいるものね。

支持政党はどこですか?と、きかれて、 毎回、ありませんと答えるのが、癪なんです。でも、信頼できる気がしないしなあ。

日本は、国民主権で個人を尊重する「個人主義」の国です。根本的に「利己主義」とは違うんだからね。

個人主義と利己主義は違うんだぞ。ということを、改めて考えてみたりしてみました。

中国の公害が酷いというニュースを見ると、スモッグ・ヘドロ・公害病の子供の頃の日本を思い出す。

スモッグ・ヘドロ・公害病。子供の頃の日本の記憶を、今の中国のニュースとか見てると思い出します。客観的に考えてたら、日本も相当ひどかったよなあ。

アベノミクス「新三本の矢」を今更ながら眺めてみたら、矛盾を含んだ危うい考え方に見えてきた。

二兎を追うものは一兎も得ず。アベノミクスの「新3本の矢」って、まさしく、これじゃないかと思い始めた今日このごろ。

政策立案より地元での活動を政治家に強いているのが後援会なら、国民にプラスになると思えないな。

町の名士みたいな人たち。 自分のもっとも苦手な人達でした。 特に、いろんな人の名前をだして、自分はその人と懇意なんだ話をされるのが、結構キツかったです。 あそこの社長のXXは、昔、俺が鍛えてやったんだ・・とか。 議員のXXに、このあいだガツンとい…

子ども手当みたいな子供の数にお金を払う少子化対策は単に虐待児童を増やしてるだけじゃないのか?

少子化が、経済的・社会的に大きなリスクであることは間違いありません。 人口が減りますから。 だから、出産率がもう少し向上してくれるに越したことはないです。 出産率向上といえば、よく成功例として話にでてくるのが、フランスとスェーデンです。 そこ…

年金問題の解決には、元気な老人が弱った老人を支える世の中になる・・しかないのかなあ。

元気な年寄りが、自分より元気のない年寄りを支える社会。ゾッとします。でも、これからの社会の現実としては一番可能性が高いんじゃないですかね。

少子高齢化は日本が先進国で、文化が成熟した証拠でもあると思う。それ自体を悪者にするのはどうかな?

少子高齢化に起因する社会・経済的な問題は発生します。でも、少子高齢化自体を悪者にするのは違うと思うんですよね。

「法律で規則で罰せられなければ何しても良い」わけはないんだと怒ってる。それが何故わからないかな。

人が争いをせずに自由に平和に生きるために必要な根本的な部分。人として正しい価値観。それをないがしろにされることは許されないと思うんです。

事実上の移民という意見も!外国人労働者無しにはまわらない現場・・。政府も本音で考えてほしい。

日本でも外国人労働者がじわじわ増えてます。彼ら・彼女らにたのまないと、現場がまわらないから仕方ないです。でも、それなら、もう少しちゃんと政府も考えてよ・・ということです。

安倍首相を含む閣僚の75%が同じ民間団体(日本会議)の会員!「お仲間」ってそういう意味?

日本の会議の解説本と間違えて読んだ本で「日本会議」という民間団体を知りました。これが、また想像をかきたててくれる謎の多い組織みたいなんです。

安倍内閣支持率急落。リスクマネジメントにおける初期対応ミスの代表例として残りそうな気がする。

リスクマネジメントの観点で、現安倍内閣の対応を見ていると、トップが真摯さを示せなかった時に組織がどのくらいダメージを受けるものかが、よくわかるなあと思います。

原爆・水爆などの核兵器と比較してみたら、原子力発電所は怖いものだなと改めて思ってしまった。

核兵器と原子力発電所。普通に考えれば、前者が危険で後者は安全でなければならないのですが、本当にそうか?ということを調べてみました。

個人情報の考え方の違い?携帯・スマートフォンの番号を無防備に教えるのも、今風なのかなあ。

自分の個人情報をどの程度オープンにしていいのか?という考え方が、気が若いつもりでも、やっぱりずれてきてるんだなと思い知りました。

少子高齢化の対策ばかり目がいくと人口爆発に足元をすくわれる!なかなか悩ましいです。

少子高齢化問題という言葉をよく見かけます。 これは、とても悩ましい問題です。 なんとなく、日本だけが少子高齢化で悩んでいるように、つい思ってしまうのですが、実はそんなことはないんですね。 世界の先進国の共通の問題みたいです。 ランキング&比較…

世界価値観調査から見える中国の印象がメディアを通じて見るそれと違いすぎるので戸惑った。

世界価値観調査の結果を読んでいて、中国に対して自分が持っている印象とあまりに違うデータを見つけてしまった。いったい、どちらを信じたらいいのかなあ。

内部告発者(内部通報者)に悔いを感じさせる社会はおかしい。その誇りと勇気に敬意を払いたい。

内部告発者に対する保護や気遣いが、日本ではまだまだ不足していると感じてます。いちおう法整備がされているのに、それがザル法に見えて仕方ないのです。

都議選最終日の安倍総理の「こんな人たち」発言を聞いて、和製トランプ目指すの?って思ってしまった。

東京都議線の最終日の秋葉原での演説で安倍総理が叫んだ「こんな人たち」発言。けっこうぶっとびました。それで結構ガッカリした思いを書いてます。

東電元幹部の福島原発事故裁判で、「全電源喪失リスクの放置」が争点にでてこないのが不思議です!

福島原発事故の業務上過失致死の訴訟で、なぜ本当の問題である「全電源喪失リスクを放置した」ことが、焦点にならないのかがひっかかるんです。

加計学園問題ヒアリングの文科省職員の顔に、うんざり会議のデジャヴを見たよ。

テレビを見てて、昔のつまらん記憶が蘇ったんですよね。

日本の将来を見据えて、「どういう国にすべきか」って議論がないのは変だよな。

政治家が「日本の将来をどうすべきか」を議論しているのを聞いたことないなと、ふと思って書いてます。

安倍政権と自民党って、本当に国民のことなめてるのですか?

最近の安倍政権と自民党のうさんくささは、超一流の悪役なみだよね。でも、さすがに国民なめすぎてないか?と、つい思ってしまいます。

個人的には、深夜まで子供に塾で勉強させるのは大間違いだと思ってます。

学校の勉強よりも、自分の人生を生きるうえで大事なことを学ぶ時間も必要だよ。と、遅くまで塾にいる子供を見て心配になったわけです。