アラカン"BOKU"のITな日常

文系システムエンジニアの”BOKU”が勉強したこと、経験したこと、日々思うことを書いてます。

ITっぽくない話題たち

土砂災害・洪水被害から身(命)を守る唯一の方法は、早めに逃げる自身の決断だな。

命に危険がおよぶような土砂災害がすでに発生していてもおかしくない基準で発表される「土砂災害警戒情報」を見てから避難勧告を出すっておかしくないか?

自分がいなければ仕事がまわらない!という思い込みは自分もしんどいし、組織にマイナスなんですね。

自分がいなければ仕事がまわらない!なんて思い上がりもいいとこ。・・なんですけど、そう思ってしまう時期ってあるんですよねえ。

疲労が原因で「死」を感じた瞬間(ニア過労死?)。歩いたまま眠ってしまった恐怖体験。

無茶な仕事の仕方をして、ニア過労死したことがありました。

2018年度世界幸福度ランキング(World Happiness Report 2018)で日本が54位である理由を考えてみた

世界幸福度ランキングの2018年版を見て、いろいろ思うところがあったので、ちょっと調べてみました。

トラブル対応に強い人になるために必要な「ただ一つ」のこと

トラブル対応時に活躍できる人の共通項を真似して、そのスキルを身に着けようとしてみた。

警察官の給料(特殊勤務手当)。死体取扱手当一体1600円!!・・いや、安くないですか!

ふとしたキッカケで警察の特殊勤務手当が理不尽だと、10年くらい前に一人で文句を言っていたのを思い出しました。

失敗や挫折を経験していない人は、本当に尊敬すべき人にはなれない

失敗したって、前向きに自分で後始末してれば、その蓄積がスキルとして生きるし、人間的にも成長できるんですよ。

悪気のない失礼だから許してと言う人のことを、自分が大嫌いな理由あれこれ。

悪気があろうとなかろうと、ダメなことをやったら、そればダメなんです。そのへんを曖昧にしようとする人、嫌いですねえ。

日本は、働き盛りの40代~50代男性の自殺者が多い特殊な先進国です。

中高年はまだ終わった年代じゃないぞ、そう思っているのに、日本は、40代~50代男性の自殺者が多い特殊な先進国らしい。なんでや!と、ちょっとせつなくなりました。

人の顔が覚えられない!・・ビジネスマンとしては致命的です。さて、どうしたもんかな?と悩んだ日々。

人の顔が覚えられない!・・なんてのは、お客さんのいる仕事では最低です。でも、覚えられないんだから仕方ない。そう開き直って色々苦労しましたね。

家に早く帰りたくない人が、仕事の後(終業後)の時間に自己責任でフラフラするのは自由です。

個人的には、だらだら残業を許してた昔より、スパッと仕事を終わらせたあとでフラフラしている「フラリーマン」の方が何十倍もマシだと思ってます。

昭和のマネジメント手法が残るのも老害の一種かな。役職定年を法律で強制化したらどうでしょうね。

恫喝と強制のマネジメントは、能力のない経営者の勘違いの産物であって、百害あって一利なしです。その最大の弊害は社員を思考停止にしてしまうことです。

管理職になりたくない社員が増えているのは当然と思う反面、あえてプロ管理職を目指すのもアリかなとも考える

管理職に6割がなりたくない気持ちはよくわかります・・という話

禁煙問題。非喫煙者の権利主張に偏りすぎです。喫煙者の権利も考えないと片手落ちです

禁煙の話ばかりで、喫煙者の権利がないがしろになってないのかな?って考えてしまいました。

契約を守る。そんな当然のことがナアナアになりがちな日本。そろそろ考えを改める時期かもしれない。

検査データ改ざん問題は、実に日本的な問題だなと感じたので、その理由をまとめてみました

裁判所で申立書の受理面接を受けてきた/成年後見人手続きを手伝う(4)

家庭裁判所に出向いて、申立書の受理面接をうけてきました。

財産目録と収支状況報告をまとめて裁判所に提出する/成年後見人手続きを手伝う(3)

書類作成から提出にいたる段階を、ざっくり5段階に整理しました。今回は、後半の3つです。

申告手続きをすすめるには順番があるみたいなので整理する/成年後見人手続きを手伝う(2)

成年後見人申し立て用の書式はダウンロードで手に入れました。 それでチェックリストをじっくり眺めていると、なんとなく法則性が見えてきました。 まず、書式を作成して提出しないといけないわけですが、例えば、気合をいれて、1日でまとめて書いてしまう…

管轄家庭裁判所を調べ、後見の申し立てに必要な書式を手に入れる/成年後見人手続きを手伝う(1)

成年後見人手続きの提出先である管轄家庭裁判所を調べて、申し立てに必要な書類を手に入れる方法を調べました。

なんだ・・ブラック企業にはブラック社員になって対応すればいいのか(笑)

ブラック企業が成り立つためには、従業員もブラックでなければならない・・のですよ。

とにかく健康に気を付けて、体が動く限り働くつもりで開き直るのも悪くないなと思えてきました。

90才とか100才まで生きる可能性がどんどん高くなってます。問題はお金ですよね。

好景気かどうかを判断する方法を調べてみたら、好景気なのに実感がわかない理由がなんとなくわかりました。

好景気だとニュースで言うけど、実感は全然ないんだよなあ・・。

中国内部の権力争いは見せかけ?という川島博之氏の説は面白い!

今まで考えてもなかったことを、ズバッと指摘する文章を読む快感。久しぶりに味わいました。

優れた人の「名言」には、自分らにそんな言葉にふさわしい人間になりたいと思わせる力があります。

カッコイイ言葉を言って、「名言だ!」なんて人に言われたい。でも、そ難しい。同じ言葉でも言う人によって価値が変わりますから

仕事中の顔だけを見て、プライベートまで信用してしまう人を詐欺師はカモと呼ぶのですね。

裏表があるというのは、同じ仕事の中やプライベートの中で相手によって違う顔を使い分けることだと思うわけです。

説明しても理解してもらえない時、相手が「バカ」だと思う前に、自分の説明のダメさを疑うべきでした。

当事者である本人が考える「これくらいわかるだろう」は、本人以外の人間にとっては「非常にわかりづらい」ことだということを再認識しようという話。

行列に並びたくないのは個人の勝手。人生を損してるなんて言わないで放っておいてほしいな。

行列にならんで「おいしいと評判の店」に行くより、すぐ食べられる「普通の店」を、迷うことなく選ぶ人間なんです。

一緒にいてリラックスできない相手は友達じゃないし、ひとりの時間が絶対必要な人間もいるのだと言う事。

精神が一番クリアになれるのが自分の家の隅っこにおいた机のまわりだったりするBOKUの友達論です。

給料前払いサービスと消費者金融の違いがよくわからない

給料前払いサービスを導入する会社が増えてるそうです。で、ちょっと調べてみました。

命がけで仕事するという言葉は安易に使ってほしくないなと、自分がイラっとしている理由

個人的には「命がけで仕事する」みたいな強い言葉は、あまり乱用しないほうがいいなと思うのです。