アラカン"BOKU"のITな日常

文系システムエンジニアの”BOKU”が勉強したこと、経験したこと、日々思うことを書いてます。

ITっぽくない話題たち

土砂災害の避難勧告の基準が納得いかない!命を守るという目的を忘れてないのか?

命に危険がおよぶような土砂災害がすでに発生していてもおかしくない基準で発表される「土砂災害警戒情報」を見てから避難勧告を出すっておかしくないか?

働き方改革で仕事を早く終えた後に何をするかは自由。でも、自由には責任もつきまとう・・という話

個人的には、だらだら残業を許してた昔より、スパッと仕事を終わらせたあとでフラフラしている「フラリーマン」の方が何十倍もマシだと思ってます。

恐怖心による管理の弊害=社員の思考停止。JR西日本の事例はその典型だと思ってる。

会社に恐怖で管理されている社員が、どれほど思考停止におちいるかの典型だと感じたので。

管理職を目指すも目指さないも自由。優劣なんかありません。でも、生き方の一貫性だけは忘れずに。

管理職になるならない以前に生き方の一貫性の問題ですよ。

禁煙で非喫煙者の権利に偏るのはおかしい。喫煙者の権利もあわせて考えないと片手落ちです

禁煙の話ばかりで、喫煙者の権利がないがしろになってないのかな?って考えてしまいました。

契約を守る。そんな当然のことがナアナアになりがちな日本。そろそろ考えを改める時期かもしれない。

検査データ改ざん問題は、実に日本的な問題だなと感じたので、その理由をまとめてみました

裁判所で申立書の受理面接を受けてきた/成年後見人手続きを手伝う(4)

家庭裁判所に出向いて、申立書の受理面接をうけてきました。

財産目録と収支状況報告をまとめて裁判所に提出する/成年後見人手続きを手伝う(3)

書類作成から提出にいたる段階を、ざっくり5段階に整理しました。今回は、後半の3つです。

申告手続きをすすめるには順番があるみたいなので整理する/成年後見人手続きを手伝う(2)

成年後見人申し立て用の書式はダウンロードで手に入れました。 それでチェックリストをじっくり眺めていると、なんとなく法則性が見えてきました。 まず、書式を作成して提出しないといけないわけですが、例えば、気合をいれて、1日でまとめて書いてしまう…

管轄家庭裁判所を調べ、後見の申し立てに必要な書式を手に入れる/成年後見人手続きを手伝う(1)

成年後見人手続きの提出先である管轄家庭裁判所を調べて、申し立てに必要な書類を手に入れる方法を調べました。

なんだ・・ブラック企業にはブラック社員になって対応すればいいのか(笑)

ブラック企業が成り立つためには、従業員もブラックでなければならない・・のですよ。

一生働き続ける覚悟を決めて、お金がなくても何とかなると開き直ろう

90才とか100才まで生きる可能性がどんどん高くなってます。問題はお金ですよね。

好景気とは?政府が、どうやってそれを判断しているのか調べたら、実感のない理由がなんとなくわかった。

好景気だとニュースで言うけど、実感は全然ないんだよなあ・・。

中国内部の権力争いは見せかけ?という川島博之氏の説は面白い!

今まで考えてもなかったことを、ズバッと指摘する文章を読む快感。久しぶりに味わいました。

名言というのは、その言葉を言う価値のある人間が言うからこそ、人の心に響くのですね

カッコイイ言葉を言って、「名言だ!」なんて人に言われたい。でも、そ難しい。同じ言葉でも言う人によって価値が変わりますから

地毛証明書を提出させている学校をディスっているニュースを見て思うこと

地毛証明書のニュースを見て、ちょっとモヤっとする部分もあるので、考えてみます。

仕事とプライベートで態度を変えるのを、表裏があるとは言いません。

裏表があるというのは、同じ仕事の中やプライベートの中で相手によって違う顔を使い分けることだと思うわけです。

普通の中学生が理解できるか?を基準に資料を作り、説明しないとダメな理由

当事者である本人が考える「これくらいわかるだろう」は、本人以外の人間にとっては「非常にわかりづらい」ことだということを再認識しようという話。

行列には並びたくない。一番無駄な時間だと思うから。個性なんだから放っておいてほしいな。

行列にならんで「おいしいと評判の店」に行くより、すぐ食べられる「普通の店」を、迷うことなく選ぶ人間なんです。

関係を維持するのにストレスがある相手は友達じゃないし。ひとりの時間が絶対必要な人間もいるのだ。

精神が一番クリアになれるのが自分の家の隅っこにおいた机のまわりだったりするBOKUの友達論です。

給料前払いサービスと消費者金融の違いがよくわからない

給料前払いサービスを導入する会社が増えてるそうです。で、ちょっと調べてみました。

命がけで仕事するという言葉は安易に使ってほしくないなと、自分がイラっとしている理由

個人的には「命がけで仕事する」みたいな強い言葉は、あまり乱用しないほうがいいなと思うのです。

定年退職制度はもう古い。能力と意欲がある限りハンデなく働ける障害労働前提の制度で少子高齢化対策を。

すっかり、忘れてたんですが、ある日ふと自分が定年退職間近であることを思い出してしまいました。

仲の良い夫婦とそうでない夫婦の違いとして感じる3つのこと

結婚してから仲の良いままの夫婦と、仲が悪くなる夫婦と何が違うのかな。

個人成績が優秀な社員を、あえて評価しない方が全体の業績があがるってのもアリかもしれない。

優秀な人を評価・優遇することで、他の大勢の社員の能力を殺してないのかな?という素朴な疑問があります。

ロボットで代替できる人間はいりません・・って、上から目線で気分悪いな。

ロボット・人工知能と人間が仕事を奪い合って勝負するなんていう局面でとらえる話が多いけど、それは違うな。

楽しくないときには、笑顔になれないのは当たり前です

笑顔は素敵です。 心から笑っている人は、見ているだけで幸せな気分になれますもん。良い笑顔が自然にできる人は本当にうらやましい。 あれはひとつの才能です。 才能のない人間にとっては、超難しい。 そうなりたいなと思って、無理に笑顔を作ろうとしても…

うつ病かも・・と思う前に、男性でも更年期障害を疑う必要があるな

男性の更年期障害は、不思議なほど認知されてません。「うつ病」によく似ているので、間違えないようにしないと。

ニア過労死?本当に疲れたら、歩いたまま眠ってしまったりするんです!実際に体験しました。

無茶な仕事の仕方をして、ニア過労死したことがありました。

お茶くみやゴミ出しは女性の仕事!?昭和で時計が止まってる。そんな会社が生き残れるの?

社員みんなのお茶くみは、女性社員の仕事。そんなのは、昭和の時代の昔話の中だけのことでしょ。そう思ってたんですけどね。あるみたいだと知ったので。