アラカン"BOKU"のITな日常

あれこれ興味をもって考えたことを書いてます

人事評価する人工知能の利用イメージをざっくり考えてみた

最初に、頭の中の人事評価する人工知能のイメージをとりあえず、見える化してみます。

 

ざっくりとした思いつきレベルですけど、本を読んで勉強するにしても、とっかかりが必要ですから。

 

今のイメージをざっと書いてみたら、こんな感じです。 f:id:arakan_no_boku:20161011200609j:plain

 

人工知能部分は、ディープラーニングを頭においてます。正直、まだディープラーニング自体の理解が不十分なので、実現方法とか細かいことはわかりません。

 

準備段階で、予め抽出した推測しえる行動(仕事)データ「優れた行動」「普通の行動」「劣った行動」などの評価をくっつけて、教師付学習させてみたらいいんじゃないか程度のイメージです。

 

利用時は、日々発生する行動(仕事)データを抽出して、リアルタイムに「優れている ◯◯%、普通 ◯◯%、劣っている  ◯◯%」等の評価結果を生成して、蓄積していく感じです。

 

それを評価する時期に評価対象期間分をごそっと取り出して、この人は期間内にどんな評価に値する行動(仕事)をしたかを総合的に点数化します。それをレポートとして出力して、それを参考資料にして、最終的には人がジャッジします。

 

と、まあ、こんなイメージですね。

 

この利用イメージ自体は、「人事評価する人工知能を作ってみたいな」とふと思ったときに、手近にあった紙に書いた殴り書きを、EXCELで清書してみただけです。

 

なんですけど、思いつきレベルであることを考えると、そう無茶苦茶でもないかなと、自己評価しています。まあ、趣味で、ひとりで考えているだけですし。気楽にスタートしてみます。

 

2017年2月25日追記

この記事は勉強をはじめる前の初期のころに書きました。今は、このころより、少しわかってきたので、少し方向修正してます。

 

この思いつきから派生したカテゴリがこちらです。

人事評価そのものについて、もう一度考え直してみる。

ディープラーニングについて、もう少し勉強してみる。

システムを開発する言語やフレームワークについて試してみる。

 

あと、それ以外にもいくつかカテゴリをわけて書いてます。

ホワイトカラーの仕事のやり方で思うことを書いてみる

お昼休みとかの時間つぶしにやった頭の体操的なことを書いてみる。

人工知能と仕事などに関連して興味を持ったことを書いてみる。

 

よければ、読んでやってください。