読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラカン"BOKU"のITな日常

人事評価と人工知能について考えたことがメインテーマです。

ディープラーニングの勉強のすすめ方を検討してみた

ディープラーニング

人工知能については、ディープラーニングを中心に勉強をすすめようと思っています。今、旬ですからね。

 

とはいえ、できあいのフレームワークを使って勉強するのがいいのか、ゼロから実装に挑戦してみたほうがいいのか?判断がつきません。

 

なので、まず人工知能の本でおさらいをしてみました。今回は、それについて書きます。

 

もともと、「人事評価する人工知能を作ってみたいな」の思いつきからスタートしていて、前回でおおまかなイメージも整理しています。

 

なので、それも念頭において、実現するためのアプローチとして、ディープラーニングは本当に適当なんだろうか?いう点も重視して、何冊か図書館で借りて本を読んでみました。

 

わかったことは、今ホットな話題になっている人工知能と呼ばれるものを実現しているアプローチが、みんなディープラーニングではないよということです。

 

一口で人工知能といっても、そのアプローチの仕方は色々あるということです。

 

例えば、チェス・将棋・囲碁なんかは「探索」ですし、ワトソンなんかは、エキスパートシステムの流れの究極型と言われてますし、Siriは「対話システム」ですね。

 

このあたりは、過去のAIブームのときにそれぞれ中心になっていた技術なので、なじみがあります。

 

一旦、AIブームが下火になって冬の時代にはいっても、地道に研究を続けて、結果をだしている研究者の方たちに頭がさがりますね。

 

とりあえず、なんでもかんでもディプラーニングのおかげで進化したというわけでないことはわかりました。

 

もうひとつ、思ったことは、人工知能って手品とかぶる部分が沢山あるなということです。

 

知らずに結果だけ見てると、必要以上にすごく見えるんですが、実は種があるんだよ・・ということですね。フレームワークチュートリアルとかをさわってみたりすると、「おー凄いな」と結果に驚くわけですが、理論を解説する本を読んだりすると、それは意外にシンプルな計算式で説明できたりするわけです。

 

この計算式を種とすると、結果の驚きとのギャップは、ギミックというか、手品的な要素に惑わされる感覚に近いなと思います。

 

例えば、ワトソンにしても、Siriにしても言葉の意味を理解して回答しているように見えますが、実はそうじゃないみたいなんですね。

 

単に、自然言語処理で文章中から適切な検索キーワードを抽出して、探索をかけて、もっともマッチすると思われる答えを探しているだけなんですね。

 

なんですが、機械学習の仕掛けがすごく高度に進化していて妥当な結果を返してくるので、あたかも人の言葉を理解して思考して回答しているように見えるわけです。

 

凄腕の手品師がやると、種を知っているはずの手品でも、感動するのと同じような理屈なのかな。そう考えると、変な話ですが、少しずつですが、人工知能が身近に思えてきます。

 

人工知能には、色々目的にあわせたアプローチがあって、種も仕掛けもあるんだよ・・ということは、わかりました。

 

なんでもかんでもディープラーニングではなくて、用途にあわせた使う側の選択が重要だということです。

 

今回の場合だと「人を評価する」ということを、どうやって実現するか?について、適切なアプローチをどうするか?です。

 

思いつきレベルなら、いくつかはすぐ列挙できます。例えば、

  1. 蓄積した行動・評価データに対する探索を利用して判断させる
  2. あるべき行動・評価データのルールを定義し、比較判断させる
  3. 行動・評価パターンをイメージ化して深層学習させる

などなど。

 

でも、今の段階で判断できないことに気づいてやめました。手を広げすぎても広く浅くの中途半端になるので、腰をすえてディープラーニングを勉強してみます。

 

ある程度しっかり中身を理解しないといけないこともわかったので、多少面倒でも、ゼロからディープラーニングを実装してみるのが、一番いいみたいですね。 

 

2017年2月25日追記

この記事は勉強をはじめる前の初期のころに書きました。今は、このころより、少しわかってきたので、少し方向修正してます。

 

この思いつきから派生したカテゴリがこちらです。

人事評価そのものについて、もう一度考え直してみる。

ディープラーニングについて、もう少し勉強してみる。

システムを開発する言語やフレームワークについて試してみる。

 

あと、それ以外にもいくつかカテゴリをわけて書いてます。

ホワイトカラーの仕事のやり方で思うことを書いてみる

お昼休みとかの時間つぶしにやった頭の体操的なことを書いてみる。

人工知能と仕事などに関連して興味を持ったことを書いてみる。

 

よければ、読んでやってください。