アラカン"BOKU"のITな日常

文系システムエンジニアの”BOKU”が勉強したこと、経験したこと、日々思うこと。

あみだくじの不公平さを確かめる

あみだくじって不公平らしいよ。という話を聞いたので調べてみました。有名な話らしいです。

 

確かに、”あみだくじ 不公平”とかでググってみると沢山ひっかかります。いくつか記事を読んでみました。まとめると、こんな感じです。

  • 横棒をランダムに書いても、当たる確率は等しくならない。
  • 横棒の数が増えるほど、当たる確率の差は小さくなる。

 

Wikipediaの記事だと、縦棒5本の時に横棒100本くらい引けば、かなり均等な確率になるらしいです。

 

数式とかの説明で理屈はなんとなくはわかったんですが、数式だけだと腹にはまった感じがしなかったので、試しにやってみました。

 

とりあえず、超シンプルに横棒1本だけ引くパターンです。縦棒は5本で、わかりやすように当たりの★は真ん中においてます。

f:id:arakan_no_boku:20170201064854j:plain

f:id:arakan_no_boku:20170201064943j:plain

なるほど・・ですね。

 

じゃあ、今度は2本の横棒でやってみます。さすがに多くなるので全部の図はのせられませんが。

f:id:arakan_no_boku:20170201065137j:plain

f:id:arakan_no_boku:20170201065155j:plain

 

なんとなく、当たりのある縦棒の真上を選ぶのが一番当たりやすく、離れるほど当たりづらくなるというのが感覚的に理解はできますね。

 

今度からあみだくじにする時は、選んでからランダムに当たりの場所とか決めないと駄目だなと思いました。理屈を知ってる人とそうでない人で不公平があるのは駄目ですよね。