アラカン"BOKU"のITな日常

文系システムエンジニアの”BOKU”が勉強したこと、経験したこと、日々思うこと。

PDCAのDoとActionは何が違うかを考えてみる!

PDCA(Plan-Do-Check-Action)という言葉があります。

 

意味合い的には、1回やって終わりではなくて、考えたことを実際にやってみて、その結果を評価して、そこから学んで改善して行動することを繰り返し行うマネジメント・サイクルのことです。

 

初めてやるときは、簡単に思える事でも、やってみないとわからないことは沢山あります。

 

PDCAサイクルを経ないでできることは、前例の踏襲だけです。そこには進歩はありません。だから、PDCAの考え方の重要性については、何の異論もありません。

 

異論はないんですけど、気になっていることはありました。

 

DOとACTIONは同じ「行動する」を表す言葉です。なのに、何が違うのか?ということです。

 

英語では同じではなく、DOは「ともかく行動する」、ACTIONは「改善して行動する」の違いがあると教えてもらったことはあります。

 

計画したら、がむしゃらに行動する。チェックしたら、改善して行動する。だから、これで良いんだということなんですね?

 

なるほど・・とは思うんですが、個人的には100%しっくりきてない部分があります。

 

なぜかというと、最初のプランのときに「とりあえず行動する」のは良いとして、チェックして「改善して行動した」後で「プランして、またとりあえず行動する・・」のは、ちょっと違和感があるなあ・・と思うからです。

 

それに、チェックしたからといって、すぐ「改善して行動する」の改善の部分が決まると限らないですよね。

 

チェックでわかるのは、どの部分がうまくいっているか?問題があるか?の事実です。その事実から何を学ぶかで行動は変わりますし、その学んだ内容でプランを修正するまでが改善の場合もあります。

 

実際にやっていることから考えると、PLAN(計画)して、DO(行動)して、CHECK(チェック)して、STUDY(チェック結果から学ぶ)を経て、またPLAN(計画)に戻るみたいという流れのほうがしっくりくるなあと思ったりもしますしね。 

 

ということで、個人的にはDOとACTIONの違いを以下のように解釈するようにしています。

  • PLAN  - 計画する。
  • DO   - 行動する。
  • CHECK - チェックして判断材料を得る
  • ACTION - 分析する。検証する。実験する。

 

どうですかね。

 


仕事のことカテゴリの前の記事

進捗報告のベターな間隔は週次だと信じている理由!