読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラカン"BOKU"のITな日常

あれこれ興味をもって考えたことを書いてます

賞与と昇給は同じ人事評価の仕方ではだめなんじゃないか?

人事評価結果で報酬にかかわるといえば、昇給や賞与への反映になります。

 

賞与と昇給って、一括りに語る場合も多いのですが、本来、全く違う性格のものです。

 

それぞれの性格の違いを一言でいうなら、こうだと思ってます。

  • 賞与の性格は「利益の分配」です。
  • 昇給の性格は「能力・可能性への期待」です。

 

また、違う視点(時間的観点)で言うなら、こうです。

  • 賞与は「過去」に対して支払います。
  • 昇給は「未来」に対して支払います。
  • (ちなみに、「現在」に対して支払うのが手当でしょう。)

 

これだけ違うので、対象とすべき評価項目も違いますし、同じ項目であっても見方を変えないといけないはずです。

 

実際のところ、賞与への反映時と昇給への反映時でウエイト調整や集計する項目を変えたりと、一定の考慮はされています。

 

でも、個人的には、もっと根本的に変えるべきじゃないかと思うわけです。

 

まず賞与です。

 

賞与が過去の利益の分配であるなら、前期が締まって結果がでたら、すぐに支払って、今年につけを残さないようにすべきです。

 

たとえば、4月~翌3月が決算期の企業なら、3月末で下半期の結果がでたら、すぐ4月に賞与を支払って、「みんな、頑張ってくれてありがとう。今年も頑張ってくれよ」というメッセージとともに明日の方向を向くようにするのが、本来じゃないでしょうか。

 

賞与の算定をするための評価に時間がかかるから無理・・ではなく、本来そういうものなら、そうできる様に根本的に考え直してみようかという発想をすべきです。

 

例えば、個人単位の評価に時間がかかるんなら、賞与へのわりふりは会社の数字(利益とか)だけで、全員分を決めてしまうとかでも良いと思うんですよね。

 

今度は昇給です。

 

昇給は賞与とは逆です。人材育成の流れの中でじっくりするべきです。もちろん、春闘のベアとか定期昇給のような機械的な昇給ではありません。純粋に評価による昇給の話に限った話です。

 

仕事とリンクした「ちょっと背伸びした目標」に挑戦して、失敗も糧にしながらスキルアップを図り、その結果として、成長を認めてもらい、もうワンランク上の給与を提示されることで、この会社で継続して活躍してほしいというメッセージを伝えられる。

 

理想論っぽいですが、本来、昇給ってこうでないと駄目だと思うんですよね。

 

かなり、無茶苦茶を書いている気もしますが、もう、「今までやってたから、これからもそれで良い。」という時代ではないと思うんですよね。