アラカン"BOKU"のITな日常

あれこれ興味をもって考えたことを書いてます

復唱の習慣づけは、日本語を使う限り必須だと思う訳!

仕事の指示でも依頼でも、自分の意図を正確に相手に伝えるのが難しいなと思うことが多々あります。

 

それは、相手の理解力の問題の場合もあれば、自分の伝え方が下手な場合もあります。

 

それでも、誰かに何かを依頼されたり、指示を受けた側に、「私はこのように理解しました。私がやらなければならないことはXXをXXすることですね。」と、復唱をする習慣がちゃんとできていれば、大きな問題にはなりません。

 

この復唱のスキルは、社会人として最低限身につけないといけないものの一つだと思うのですが、全くしない人もいます。

 

それでも間違えてなければいいんですけど、そういう人に限って、「大丈夫かな?」と心配していると、案の定、勘違いしていて、面倒くさいことになったりします。

 

今回は、こんな「うまく伝わらない理由」について書きます。

 

といっても、伝える技術とか聞く技術なんて話ではないです。

 

もっと根本的な日本語の話です。

 

そもそも、日本語は、解釈が複数あって、おそらくどちらも正解・・みたいな言葉が簡単にできてしまう曖昧さのある言語なのです。

 

簡単な例をあげてみます。

 

そうですね、「5と2の2倍はいくら?」 みたいな質問をしたとしましょう。


質問する人の期待する答えは、たぶん、14です。「5と2の2倍」という言葉は、「(5+2)✕2」と考えるのが常識だろうと考えるからです。

 

実際、たいていは14と答えます。でも、9と答える人もいます。

 

おかしいと思うかもしれないですが、よく考えると、「5と2の2倍」は、「5+(2✕2)」ととらえても正解ですから。


あと、「人の嫌がることをすすんでやろう!」の例も有名ですね。


たぶん、「人の嫌がること」は「やるべきなのに、人がやりたがらないような良いこと」というのが、本来の意図なんですけど、「人の嫌がること」=「人の嫌がるような悪いこと」ととる人がいても、言葉の意味としては間違いではありません。

だから、例えば、先生が生徒に「人の嫌がることをすすんでやるような子供になって、先生を喜ばしてくれ」と言ったら、生徒が先生を喜ばせようと、人が嫌がるような悪さをすることだってありえます。

 

当然、先生は「常識だろ!」と怒るんですけど、生徒に「先生を喜ばせようと思って、頑張って人の嫌がることをやったのに・・」と言われると、グウの音もでませんね。

 

そんなバカなこと・・と思うでしょうが、あなたが「こんな事常識だろ!」とか「普通、こうするよな!」と怒っているのを、横から見てる第三者が「もうちょっと、最初に指示する時に、ちゃんと説明しとけばいいのに・・」と思っている可能性は、意外にあるのですね。

 

こうなるとです、話す側と聞く側がどんなに気をつけても、100%防ぐのは不可能です。

 

もう、防ぐ手立てはひとつしかありません。

 

指示や依頼をしたり、されたりした時に、自分が理解していることと、相手の理解があっているかどうかを、具体的に復唱をしあって確認することしかないです。

 

面倒に感じるかもしれませんけど、「今、依頼いただいた内容を・・・・と理解しましたけど、認識は合ってますか?」または「今頼んだ内容を、どう理解したか、復唱してみてくれ」という一言で、将来的なより大きな面倒を回避できるわけですから、非常に生産性の高い行動といえるわけです。

 

ぜひ、復唱確認の習慣づけを、実体験から得た教訓としても、おすすめしたいと思うわけです。

 


仕事のことカテゴリの前の記事

PDCAのDoとActionは何が違うかを考えてみる!