アラカン"BOKU"のITな日常

文系システムエンジニアの”BOKU”が勉強したこと、経験したこと、日々思うこと。

米国企業が成果主義を捨てている理由はよくわかる!

成果主義の人事制度を真似した日本が、色々問題が指摘されているにもかかわらず、ずるずる続けている間に、本家の米国ではさっさと捨てる企業がでてきている。

 

皮肉な話というか、このあたり、さすが米国というか。

 

まあ、後者なんでしょうね。

 

既存の制度についても疑問の眼をむけて、客観的にデメリットが多ければ、さっと変更していける柔軟さは、なんだかんだ言って米国企業のほうが上なのかなあ・・と、残念ながら思ってしまいます。

 

とにかく、成果主義には、見事に騙されました。

 

1990年代~2000年代のはじめころ・・。

 

そのころは危機感にあふれてました。

 

なんせ、年功序列・年齢給でしたから。

 

年をとるだけで給料があがっていって、勝手に人件費が増えますし、退職金の負担も馬鹿になりません。

 

高度成長も終わって売上が伸びない状況だと、放っておくと、人件費に食いつぶされて会社が潰れる・・というのは、誰でもわかる理屈でした。

 

働く側にしても、自分の方が仕事してるのに、年齢や在籍年数が高いだけの人の方が高い給料をもらってるのは納得できない・・そんな不満を感じる若い人たちで溢れかえってました。

 

経営側も労働者側も、先の見えない不安と不満が充満してる感じでしたからね。

 

そこに「会社の中に競争状態を持ち込んで、結果をだした社員には高い給料を払い、出せなかった社員の給与はおさえる」という考え方がでてきたわけです。

 

そりゃ、とびつくでしょう。

 

とにかく、わかりやすかったので、恥ずかしながら”BOKU”も良いんじゃないかと、当時は思ってましたからね。

 

でも、実際にすぐ制度が始まると、気づきましたけどね。

 

ずっと、同じ会社で働いている人間に対して、いきなり、シビアに評価して無理やり差をつけなきゃいけない。

 

目に見えて能力に差があるわけでもないのに。

 

しかも、悪い評価をつけたら、給料もあがらない・・。

 

そんなプレッシャの中で、きちんと評価できる人間なんているわけないですし、なんかおかしいぞって。

 

その違和感は小さくなることなく、今い至るですから。

 

だから、米国の企業が、どんどん成果主義を捨てているわけは、よくわかります。

 

レイティングをやめる理由はこういうデメリットがあったからです。

  • 内部での競争が組織への忠誠心を奪ってしまう
  • 内部競争がチームワークを弱めてしまう。
  • 内部競争があると情報やスキルの共有ができなくなる
  • 目先の利益を追求し、長期的な視野での仕事ができなくなる
  • 社内の誰かの失敗が、自分の利益になる間違った考えが生まれる
  • 本来戦うべき外部の敵よりも、社内の敵に意識がいく

 

つまり、

内部での競争は中長期で考えた時に、会社・組織にとっては不都合なことが非常に多いことに気がついた・・ということみたいです。

 

経済環境の変化が早くて、外部の敵がいっぱいいるのに、社内で競争なんかやってる余裕はない!っていう側面もありますね。

 

客観的に考えれば、

  • 外部の敵と戦うべきである。
  • 社内で競争して足を引っ張り合うのは、外部の敵が喜ぶだけだ。

は至極、当たり前です。

 

そっくりそのまま日本企業にあてはまらないかもしれませんけど、根っこの部分は同じですよ。

 

今度は、これを日本企業側が真似していくんですかね。

 

それとも、日本企業独自の解決策を探していくんですかね。

 

とても興味はあります。

 


人事評価のことカテゴリの記事一覧はこちらです。

arakan-pgm-ai.hatenablog.com