アラカン"BOKU"のITな日常

文系システムエンジニアの”BOKU”が勉強したこと、経験したこと、日々思うこと。

昭和って、日本企業のほとんどがブラック企業だった時代です。:働き方について

労働者にとって働きやすいということと、企業にとって効率がより働き方というものの間には、結構な溝があります。

 

当たり前ですよね。

 

そもそもの目的が違いますから。

 

企業はやっぱり利益を出して存続し続けないといけませんがので、同じ成果をだすのに、極力人件費は押さえたい。

 

これが本音であることは間違いないわけです。

 

しかも、仕事がいっぱいある時に、人出不足を理由に仕事の可能性を狭めるなんてことは絶対したくないはずです。

 

昭和の時代は、そのあたりのバランスが企業側の都合に大きく傾いてましたから、労働者側の事情なんて、まったく二の次でした。

 

そういう時代の象徴が、この、リゲインの超有名なCMです。

 

なにしろ、”24時間戦えますか・・”ですからね。


リゲイン 24時間戦えますか

 

今、見ると、怖いです。

 

まさに異常な世界です。

 

でも、当時は、誰もこれを異常だと思わなかった・・のです。

 

政治や経済の世界で「権力者」だった人たちにとっては、非常に良い時代だったのでしょうね。

 

なんといっても、労働者側が勝手に「洗脳」されてくれて、命を削って、自分たちのために働いてくれるわけですから。

 

当時は、”BOKU”も完全に洗脳されてましたね。

 

社会の風潮というか、世論というやつに。

 

会社の仕事は、家族よりも自分よりも重要なんだ。

 

自分に与えられた仕事の責任を果たすのに、時間内でできなければ、残業してでもやるのが当たり前だし、できなければ、休日にでてくるのも当たり前だ。

 

そういう暗黙のプレッシャーがあって、かつ、それに疑問を感じてなかったですもの。

 

 

でも、周囲もそうでしたし、仕事とはこんなもんだと思ってました。

 

本当に辛いとかいう感覚もありませんでした。

 

今でも、ブラック企業に勤務している人は、実は自分の会社がブラックだと思っていない・・みたいな話がありますが、よくわかります。

 

だって、当時は、たぶん日本中の企業のほとんどが、今で言うブラック企業だったにもかかわらず、みんな、それが普通だと思ってましたもん。

 

それと一緒ですものね。

 

毎日毎日長時間働いていると慣れるんです。

 

むしろ、”長時間労働依存症”みたいになるという方が正確ですかね。

 

たまに早く帰れると、妙に不安になったり、何か悪いことしてるような気分になったりするようになりますからね。

 

たまに、続けて定時で帰ったりすると、罪悪感で胸がつぶれそうになるので、逆につらいからやることなくても会社にいましたからね。

 

でも、それが間違っているのは、明らかです。

 

それに、みんな気づいただけでも、現在はいいですね。

 

 

それに、本人が気づいてなくても、健康リスクは忍び寄ってきます。

 

意外とね、無茶してても元気なんですよ。

 

人間って。

 

昔、徹夜で会社に泊まり込んで、文字とおり24時間(実際は2時間程度仮眠をとるから22時間なんですが)働くようなことを頻繁にしてた時期がありました。

 

その時、最初の2日間位はしんどくてもうダメかも・・と思うんですが、そこをこえると妙に頭が冴えて元気になってくるという体験を何度かしました。

 

当時は知識がなかったので、疲れも峠を超えたら平気になるんだとか、精神力(根性)が勝ったんだとか、好き勝手なことを言いながら自分の体力を自慢したりしてました。

 

ところが、それは非常に危険な状態だったんですね。

 

最近、この記事を読んでぞっとしました。

news.yahoo.co.jp

 

”BOKU"はたまたま、運がよくて死ななかった。

 

過労死した人は運が悪かった。

 

その程度の差でしかないのですね。

 

だから言います。「長時間労働はせず、きちんと休息をとって働くべきだ」というのは、全く正しいです。

 

幸い、時代の空気も「適正な労働時間で働く」ことを良しとするようになってきてます。

 

今から働く人達は良いですね。

 

心から、そう思います。

 


働き方についてカテゴリの記事一覧はこちらです。