読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラカン"BOKU"のITな日常

あれこれ興味をもって考えたことを書いてます

女性活躍推進法に、なんか違う!と感じてしまう理由

日本は女性が活躍できてない国だということで、そこかしこで女性を活躍させるためにどうするかという話がでてきます。


それ自体は良いのですけど、総じて、この辺の話題になると、スタートラインからピントがずれている感じがしています。

 

その最たるものが、女性に活躍してもらう環境整備のために、政府が定めた、女性活躍推進法という法律です。「自社の女性活躍に関わる状況を把握し、行動計画を策定すること」を定めた法律だそうです。

 

法律にもとづいて、ちゃんとやってる企業は認定(えるぼし認定)して、データベースに登録しますよと、厚生労働省のページに掲載されてます。認定されたら公共調達で加点評価受けられるとしています。

 

最初ニュースで知ったとき、なんじゃそれは?と思いました。

 

もともと、「男性は仕事、女性は家庭」みたいな性別役割分業が前提とされた社会を引きずっているのが、女性が活躍できない根本原因だったはずなんです。

 

その前提があるから、子供ができても、女性が仕事と育児・家事の二重労働を担って、男性は主に仕事をするという暗黙の分担になることが多くなります。

 

結果として、特に子どもを育てながら働く女性のできる仕事や活躍の場が限られてしまうということになります。

 

育児や家事はやらなくて良いというものではありません。

 

親が2人とも仕事で帰宅せず、子供が一人でご飯を食べて・・なんて図式がよいわけもありません。

 

女性に仕事で遅くまで働いてもらうなら、夫である男性が早く帰宅して家事や育児を担うような相互分担が必要になります。が、「今日、妻が残業なんで早く帰ります」という理由で早上がりできる環境にある男性が、どの程度いるのか・・という話です。

 

結局、妻になった女性に活躍してもらうには夫である男性の協力が不可欠になるわけです。

 

ということは、女性が活躍するためには男性も働き方を変えなければならない、ということなんです。

 

そうでなければ、女性に結婚せず、子供も産まず仕事で活躍しろということになりますが、そんなことをしたら、ますます少子化が進んで、それこそ国が滅びてしまいます。

 

結局、長時間労働せずに成果をあげるか・・という、働き方改革とか、待機児童対策とか、今言われている労働問題を総合的に解決していかずに、「女性に活躍してもらう」だけ取り出してどうにかしようなんてできるわけないと思うわけです。

 

だから、女性活躍推進法とえるみん認定を見ると、根本的に解決する労力をかけず、「やってますよ」とポーズだけとって、担当の役人や政治家さん達が点数を稼ごうとしているようにしか見えなくて、「なんじゃ、それは?」と思ったわけです。

 

それに、企業が女性を優先して管理職に登用して見かけ上の管理職比率をあげるよう協力したとしても、自分が望まないか、実力が伴わないのに、誰かの思惑で上の役職につけられるのはめちゃくちゃしんどいという、別の問題を引き起こすだけのような気がします。

 

そういうこと、考えないんですかね?

 


仕事のことカテゴリの前の記事

24時間戦えますか?って、いや、戦っちゃ駄目です。