アラカン"BOKU"のITな日常

文系システムエンジニアの”BOKU”が勉強したこと、経験したこと、日々思うこと。

いつも、人と同じである必要なんてないんですよ。

人と同じでないと不安な頃がありました。

 

友達と話をしていて、「それは違うんじゃないか」と思っても、口にはだせず、あいまいに頷いてたりとか。

 

なんかの集まりに行くのにも、みんなから浮いた服装になっていないかばかりに気にいったりとか。

 

話題になっているラジオの番組を聞いてないと、仲間はずれになりそうで不安なので、別に面白くもないのに聞いてたりとか。

 

今にして思えば、無駄なことをしてたなあ・・と思います。

 

まあ、自分に自信がなかったのですね。

 

実際のところ、必ずしも、正解がひとつということはないですし、自分の判断が人と違っていても、それは個性であって間違いではありません。

 

どちらかというと、人と同じ考えしかできない方が問題です。

 

この事実に、もっと早く気付けていれば、楽だったんですけどね。

 

気づいたキッカケはリストラでした。

 

肩たたきではなくて、早期退職です。

 

会社を辞めて、初めての転職活動をして、そこで初めて「人と同じである」ことが何の役にもたたないどころか、足をひっぱる最悪なことだということに気付かされたんです。

 

考えてみれば、当たり前ですね。

 

人と同じことを考え、同じことしかできない人間を、わざわざ中途採用で雇う必要はありません。だって、すでに会社にいっぱいいるであろうからです。

 

結局、自分を救ってくれたのは、周囲から「そんな事してる暇があったら社員らしい仕事をしろ!」とか「やめろ!」とか「要領が悪いからそんな事させられるんだ!」とか言われて馬鹿にされながら、仕方なくやってた仕事の経験だったり、趣味で身につけたことでした。

 

それが、「人と違うところ=差別化ポイント」になったんですね。

 

だから、今なら、言い切れます。

 

人と同じことだけやってて、何とかなるのは、せいぜい高校くらいまでです。

 

社会にでたら、「人と何が違うか」が力になります。

 

当然、「他の人と協調して仕事ができる、何かを成し遂げることができる」というのは、社会を生きる上でのベースですから、そこは間違えない様にしないといけないんですけど、その中で、人と違う考え方をして、多数派になれなかったとしても、それは間違いではないし、恥じることでもないのです。

 

個性なのですから。

 

それが自分なのですから。

 

みんなに合わせなくたって、別によいのです。

 


生きることカテゴリの前の記事

無理して笑顔にしてもバレるなら、自然でよくないですか。