読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラカン"BOKU"のITな日常

あれこれ興味をもって考えたことを書いてます

自分を良い方向へ変えるセルフコントロールを試す。

ライミング効果というものがあります。

 

心理学の世界では、まあまあ、知られてます。

 

先行する刺激(プライム)に、後続する刺激に影響をうけて、つられてしまうみたいな現象をことをいいます。

 

例えば果物の話をしてから連想ゲームをすると「赤」というキーワードで「りんご」や「いちご」と答えやすくなるとかですね。

 

今回は、この「プライミング効果」を使って、自分を無意識下でコントロールするというのを試してみたら、けっこう良かったですという話です。

 

実は、プライミング効果のことを書いている本や記事を読んでたら、こんな例があったのです。

  • 歩数計を使い歩く距離を記録する⇒ウオーキングが続きやすくなる。
  • 毎日食べたものを日記につける⇒食生活の改善を続けやすくなる
  • 毎日体重と体脂肪を計測して記録する⇒ダイエットを続けやすくなる。

 

なんか、プライミング効果とは、ちょっと違うようにも思ったんですが、まあ、刺激となる先行情報を目に見える形であたえるということなので、なるほどな・・と。

 

で、これを見て考えたわけです。

 

ひょっとしたら、毎日、刺激として「なりたい自分のイメージ」を目に見える刺激として与え続けてたら、その影響で、自分の行動や考え方がそれに近づいていくのかもしれないな。とですね。

 

早速、やってみることにしました。

 

方法は簡単です。

 

毎日、嫌でも見るものといえば、自分の場合はパソコンです。

 

だから、仕事と自宅の両方のパソコンの壁紙や付箋ソフトなどを使って、起動したらいやでも目につくど真ん中に、自分がなりたいと思うイメージを言葉に書いて貼り付けておいたのです。

 

書いてる言葉ははこんな感じです。

  • 単純に考える。人として正しいかを判断基準にする。
  • 合法でもルール違反はしない。自分をごまかさない。
  • 真剣に物事に向き合う。不器用でもきちんと働くひとであり続ける。
  • 素直に「ありがたい」と思える心を持ち続ける。批判には素直に耳を傾ける。
  • 努力を継続できる力が才能。「むくわれない努力もある」ことも受け入れる。
  • 負けに強い人であり続ける。常に前を向いて生きる。

 

名言集みたいなところで、「あ、これいいな!」と思ったものを拾い集めたものです。けど、自分でこうなりたいけど、できてないなと思うことを連ねてみました。

 

ほとんど、スローガンみたいですけど、あんまり、具体的すぎない方がいろんな場面に応用がきいて、効果があるんじゃないかと思って、そうしてみました。

 

これらが、パソコンが立ち上がると、嫌でも目にはいります。

 

なんとなく読んで、それから仕事なりを始めるわけですね。

 

実は、もう1年くらい続けてます。

 

結論から言うと、これは良かったです。

 

といっても、理想とする自分になれました!とか、そんな怪しい広告みたいなわけにはいきません。

 

でも、判断しないと行けないときの、最初に浮かぶ選択肢が変わってきたとか、帰宅する時の赤信号で車が通ってなくても落ち着いて待てるようになったりとか、仕事でうまくいかなくても前ほどがっかりしなくなったとか・・、小さなことなんですけど、ちょっと、以前との違いを感じられる程度の変化はありました。

 

微妙に・・ですが、仕事の生産性もあがってきた気もします。

 

なにより、なんとなく・・ですが、自分がこうありたいということを頭で考えるんじゃなくて、体で覚えてきた感があって、そのせいか、ストレスが少なくなってきたように感じるのがありがたいですね。

 

なので、自信を持ってオススメします。

 

ライミング効果で自分を刺激するこの方法、案外いいですよ。

 


仕事のことカテゴリの前の記事

あんた、アマチュアだから、そんなこと言えるんだよ