アラカン"BOKU"のITな日常

あれこれ興味をもって考えたことを書いてます

昔に戻りたいなんて・・それを言ったらお終いです。

昔はよかったなあ。戻りたいなあ。は嫌いな言葉なんです。

 

だって、後ろ向きじゃあないですか。

 

別に昔に全然良い思い出がないからとかではないですよ。

 

当時は当時なりに、喜んだり・悲しんだり・怒ったり、別に普通に暮らしてましたし、楽しい思い出かもしれないと思うこともそれなりにありました。

 

でも、済んだことなんですよね。

  

済んでしまったものは、よいことであっても、悪いことであっても、もう変えられません。

 

戻って、やり直しができるもんでもないですしね。

 

済んだことは忘れる。

 

それしかないです。

 

これは、30年・40年前のことでも、昨日のことでも同じです。

 

後ろをむいたままで、前へ歩けるほど、人間は器用にできてないんですよ。

 

きっぱり振り切って、前を向かないと、転びます。

 

そもそも、過去の事実が積み重なって人生の軌跡ができて、自分たちは、その上に今立ってるわけです。

 

人生はできていく途中の山道を登っていくようなもんだと考えれば、イメージしやすいと思っているんですけど、過去に自分がやったことが材料になって、次に踏み出す足を下ろす場所が作られているんだという感じです。

 

だから、考えるべきは、その場所に足をおろして、次にどうするかだけでいいんです。

 

それに、いつ人生の終わりがくるのか、誰にもわからないんですよ。

 

ひょっとしたら、1分後に死神さんが迎えに来て、「ご苦労様。終点に着きましたよ。」って言うかもしれないのです。

 

そんな時に、済んでしまったことをグチグチ思い返すような無駄な時間を過ごしていたら、もう、後悔のダブルパンチです。

 

やり残したと後悔することは、ひとつでも少ない方がいいですから、今できることは、今やっておくのがいいに決まってます。

 

年齢を重ねれば、重ねるほど、その思いが強くなるんですね。

 

昔に戻りたい・・なんて、考える時間が無駄ですよ。

 


生きることカテゴリの前の記事

努力をカッコ悪いと思ってたのは、本当にバカでした。