読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラカン"BOKU"のITな日常

あれこれ興味をもって考えたことを書いてます

スーパーエイジャーになりたい!

スーパーエイジャーという言葉を最近知りました。 

 

高齢者でも脳機能は20代と同じレベルという、スーパー老人のことらしいです。

 

いやあ、素晴らしいです。

 

まさしく目指しているのはこれです。

 

スーパーエイジャーになりたい!・・ですね。

 

じゃあ、どうすればなれるかということで、記事を読んでみました。

 

上記記事では4つのアクティビティを上げてます。

  • 楽器を習う。
  • 未知の言語を学ぶ。
  • トライアスロンに参加する。
  • 人前でパフォーマンスする。

うーん。なんか、ピンと来ません。

 

ただ、記事には、もっと重要なポイントが書いてあります。

 

引用してみます。

Barrett氏は言います。答えを一言で言うと、難しいことをしてください。

 

大いにフラストレーションを感じるまで自分に挑戦し続けることです。

 

そして、そのフラストレーションに屈することなく頑張り通して、さらに多くのことに挑戦しましょう。


簡単なことや心地よいことだけするのはやめることです。

 

仕事が完璧にルーティン化してしまっているなら、新しい役割を加えてその状態を打破しましょう。

 

今している効果的なワークアウトがそれほど頭を使わなくてもできてしまうようなら、新しい項目を足すなりワークアウトの時間を長くしたり強度を強くすることで難易度を上げましょう。


この場合、自分の目標を達成するかどうかは重要ではなく、自分の限界を少し超えるように無理をすることが大切なのです。

 

不思議なことですが、その越えるべき限界は精神的な限界でも肉体的な限界でもどちらでも構いません。

 

自分には難易度の高いハイキングのような肉体に負荷のかかる努力でも、難解な数学の公式をマスターするような精神的に負荷がかかる努力でも、どちらも効果があります。

 

ようするに、今自分ができない事に挑戦し続けろということですね。

 

それも、なかなか出来なくて、フラストレーションがたまるくらいの難易度のことに取り組んで、そのフラストレーションに屈せず、やり続けることが必要みたいです。

 

それで何とか乗り越えたら、また次みたいに、どんどん新しいことに挑戦しつづけること、それが重要だ・・と。 

 

うーーん。さらっと、相当、きついことを言ってますね。

 

たしかに、頭と体に負荷をかけて、フル回転させてれば、脳機能が衰えないというのは納得できます。

 

だから、是非やってみたいとは思うのですけれど、「やらなきゃあ」って思い込むと、それでストレスを蓄積してしまいそうで、嫌だなというのもあります。

 

なので、エッセンスだけいただいて、ストレスにならない方法はないかなといろいろ考えてみました。

 

で、こんな感じでやってみようか・・と。

  • 楽器でも運動でも勉強でも、興味が持てることは全部やる。
  • やる限り年齢を言い訳にしないで本気でやる
  • 安易にスクールとか通わず、まず、独学で調べてやってみる
  • やることにストレスを感じる様になったら、やめる。

 

つまり、興味をもったら飛びついて、やるときは一生懸命やるけど、飽きたらやめる・・つまり、本気でミーハーをやる・・ということですね。

 

まあ、これなら、ストレスもなさそうだし、自分の性格にはあってるのでいけるかな。

 

さて、これでどうなるか?

 

正直、スーパーエージャーになれるかどうかはわかりませんが、これで「なんちゃってスーパーエイジャー」とか「スーパーエイジャー風・・」にでもなれれば、お得です。

 

それに、この記事を見て、とりあえず食いついてやろうとしている事自体、もう十分にミーハーだと、今、自分で気づきました。

 

素質はあるかもしれないですね。(笑) 

 


生きることカテゴリの前の記事

毎日を人生の最高傑作の日としよう!