アラカン"BOKU"のITな日常

あれこれ興味をもって考えたことを書いてます

転職を経験して学んだことと、価値観が変わったこと

転職は2度経験してます。

 

別に多くもなく、少なくもなくって感じですかね。

 

入社した頃は、まだ終身雇用が当たり前の時代だったので、転職する羽目になるなんて全く考えてなかったので、最初の転職はホント不安だったのを覚えてます。

 

ちょうど、四十歳を越したばかりの時で、周囲の人からは仕事がないぞとか厳しい情報ばっかり聞こえてくるところにもってきて、自分は別に評価の高い社員でもなかったですからね。

 

真剣にヤバイな・・と思ってました。

  

まあ、でも、結果的には転職はしてよかったです。

 

転職活動しなければ絶対わからなかった事が色々ありましたから。

 

何より思い知ったことは、「前の会社での役職とか評価とかは、本当に関係ないんだ」ということです。

 

転職するときに「前の会社では、こんなに偉かったんですよ」とか「前の会社では高い評価をもらってました」なんて言っても、誰もまともに聞いてくれません。

 

そりゃあ、そうですよね。

 

仕事も違えば、基準も違う会社で良い評価を受けてたからといって、新しい会社での成功が保証されるわけがないですから。

 

結局、「自分で何ができるのか?」という素の自分の能力だけが、労働市場での商品価値というものなんだと、その時学びました。

 

今、考えれば当たり前ですが、転職をしなければ絶対にわからなかったことです。

 

おかげで価値観が大きく変わったことが次の2つです。

  • 会社の中で評価されたり、役職についたりということに、給料の増減以上の意味を感じなくなったこと。
  • 指示だけして誰かにさせて楽をするという行為が、自分のスキルが落ちるのが怖くてできなくなったこと。

 

特に2番めですね。

 

今では、指示だけして、誰かがやってくれるのを”楽”だと言っている人を見ても、いいなあ・・なんて絶対に思いません。

 

要領をかまして、自分が動かずにいる人を見たときも同様です。

 

本当に大丈夫なの?後で泣くんじゃないの?・・と心配になります。

 

自分でやった事があるということは、ホントに重要ですからね。

 

余談ですが、転職からみでもうひとつの話題を書きます。

 

実は、最初の転職の時は、早期退職ということもあって、再就職支援会社みたいなところがサポートしてくれました。

 

コンサルタントの人と面談して、いろいろな会社へのアプローチ法とか、面接の仕方とか、ノウハウを教えてくれるんです。

 

初めてだったので、ありがたいなあと思って、真剣に話を聞いて、実践してみたりもしました。

 

でも、結局、教えてもらったセオリーやノウハウは、ほぼ役にたちませんでした。

 

その時は、なぜうまくいかないのか?がわからなかったのですけど、自分が転職後に採用する側にまわって、理由がわかりました。

 

履歴書や職務経歴書を読んだり、面接していると、「ああ、この人は、あの時にならったセオリーやノウハウの通りにしているな」ってわかるんですね。

 

自分もやったから。

 

そうすると、なんか面白くないんです。

 

だって、そうやって素の自分を隠して採用してもらうように飾る・・悪い言い方だと面接官を騙す・・方法だとわかってますから。

 

なので、申し訳ないんですけど、若干印象はうすくなりますね。

 

やっぱり、オリジナリティが大事です。

 

セオリーやノウハウを勉強するのは悪くないんですけど、その意味するところ・・つまり、本質を理解した上で、自分の中で消化してやることが、何よりも重要なんだな。

 

それを強く意識した経験でした。

 


仕事のことカテゴリの前の記事

ストレス臭のおかげで過労死から逃れられた!