アラカン"BOKU"のITな日常

あれこれ興味をもって考えたことを書いてます

親切を素直に受け止められないのが情けないやら、恥ずかしいやら。

久しぶりに怪我をしました。

 

肉離れなんですけどね。

 

パッチンって音が聞こえるくらい派手にやってしまいました。

 

治療はしてもらったものの、ふくらはぎが陥没してる感じになってたので、すぐにはくっつきません。

 

さすがに普通には歩けないので、しばらく松葉杖をついて電車に乗ったりしてたわけです。

 

そうすると、世の中捨てたもんじゃないですね。

 

みなさん、結構親切なんです。

 

ところが、普段、人にお世話をされることに慣れていない人間というのは、急に親切にされる立場になるとどう対応していいのかわからなくなるんですね。

 

久しぶりなので、自分がそういう奴だということを、すっかり忘れてました。

 

その時も、電車の壁にもたれて松葉杖をついて立ってました。

 

確か、パズルの本とか読んで、考えていたように覚えてます。

 

すると、ちょっと離れた席に座っていた若い女性がすっと立ち上がって、「どうぞ、座ってください」って、声をかけてくれたんです。

 

そこで、にっこり笑って「有難うございます」って、座らせてもらえれば、みんなほっこりで終わって、よかった・・よかった・・なんですけど、そう出来なかったんですね。

 

つい、反射的に「いや、いいです。立っていた方が楽なんで・・」と、言ってしまいました。

 

しかも、ぶっきらぼうに。

 

おかげで、その親切な女性を困らせてしまうし、車両の中がみょうな空気になるわで、まあその後駅に着くまでの時間は、めちゃくちゃ長く感じました。

 

気まずかったです。

 

もう、全部自分が悪いですし、本当にごめんなさいなんですけどね。

 

その女性にもう一度あって、「あなたは全く悪くありません。自分がクソ野郎だったんです。本当にごめんさない。」って、お詫びしたいくらいです。

 

なんで、あの時、素直にありがとうって言えなかったんでしょうね。

 

自分が、ひねくれた性格だというつもりはないんですけどね。

 

自分でも反省して、原因を考えました。

 

行き着いた答えは、「親切にされて、反射的に素直な反応をするには、それなりに経験と訓練が必要なのに、自分は、その訓練が、まだまだ、不足していたんだろうな。」です。

 

だって、事前になんとなく予測できる状況なら、事前に脳内シミュレーションができることもあって、割に素直な反応ができますから。

 

でも、この間の電車みたいに、他に考え事とかしてて、急に声をかけられる様な、反射的な反応が必要な親切には、対応できないんですね。これがまた。

 

スポーツでも、いっぱい練習して体に染み込ませた技でないと、とっさの状況では役にたたないじゃないですか。

 

あれと一緒です。

 

自分には、親切にされた時に素直にありがとうという経験・訓練が不足していたから、頭で事前に考える余裕がないときに対応できないんですね。

 

といっても、親切にされる練習なんて、どうして良いのかさっぱりわかりません。

 

ありがとうの素振りなんてしてたら、単なるイタイ人ですし。

 

なので、今、たまに「親切にされた時に、素直に反応する」イメージトレーニングをしてます。

 

ありがたいことに、現在は身体は丈夫なんですけど、放っておいても勝手に歳は取るので、そのうち普通に優先座席の似合う爺さんになるでしょう。

 

その時までには、イメージトレーニングの成果で、素直に反応できる「ナイスは爺さん」になれるんじゃないかなと期待してます。

 

今のところ、イメージトレーニングの中の自分は、とても素直な「ナイスな爺さん」になれてますし。

 

それにしても、親切にされる側がこんなに難しいなんて・・・、なんでも経験しないとわからんもんですねえ。

 


生きることカテゴリの前の記事 

報われない努力の方が普通なんだから、ポジティブに受け止めないとね。