アラカン"BOKU"のITな日常

文系システムエンジニアの”BOKU”が勉強したこと、経験したこと、日々思うことを書いてます。

共依存は怖い。鬼嫁と呼ばれる妻の方が実は優しい場合もあるし、「何もしないでいいよ。」が暴力になる時もある。

昭和の時代。

まだ男尊女卑みたいなバカげた考え方をする大人が幅をきかせてた時代。

わがまま放題の夫に献身的につくす妻。

そんな構図を美徳として讃えるような傾向が、とても強くありました。

例えば。 

夫が飲んだくれで、酒屋で暴れて迷惑をかけた。

それを本人ではなく奥さんが謝りにいって、なんとかおさめる。 

そんな迷惑をかけたことも知らず、酔いつぶれて玄関先で寝ている夫。

風邪をひかないようにと、そっと布団をかける妻。 

自分自身のことは二の次。

夫をささえることに尽力する妻。

などなど。 

そんな奥さんのことを、「妻の鑑だ・・」なんて、言うわけです。 

いや、おかしいでしょ!! 

としか言いようがないです。 

妻の鑑どころか、「共依存」という精神疾患かもしれない。

早めに病院つれていって診察をうけさした方がいいよ・・と言いたくなりますね。 

 

共依存は怖いぞ

 

共依存というの言葉は、最近よく耳にします。 

アルコール中毒、DV被害者、薬物依存者の症例に頻繁に登場します。 

簡単に説明すると、共依存の人とは

  • 自分自身よりも、依存関係にある相手(配偶者、親族、恋人、友人など)の問題ばかりに気を向けてその問題の後始末に夢中になる。
  • 依存関係のある相手の責任を一生懸命代わりにとり、依存関係のある相手がが自力で解決する機会を与えない。
  • 依存関係にある相手に、自力で解決しなくても「なんとかなる」と無意識で感じてさせて、問題をより悪化させる。

ような行動をとる傾向がある人のことです。 

こう見ると、前に書いた「妻の鑑」って言われる行動が、共依存という病気である可能性をしめしているという意味わかりますよね。  

なんでも、「過ぎる」とロクなことがありません。 

 

鬼嫁のほうが本当は優しい場合もあるのだ

 

自分のしでかした事は、自分で始末をつける。

これが世の中の常識です。 

だから、夫が迷惑をかけた相手には、「自分で行って土下座でもなんでもして謝ってこい!」って突き放せばいい。

つぶれて玄関で寝てるなら、襟首つかんで「自分で着替えて布団で寝てこい!」って言ってやるのが正しい対応だ。

そう個人的には思ってます。

鬼嫁!なんて声が聞こえてきそうですけど。

長い眼で見れば、こうしてくれる奥さんの方が、はるかに夫の事を大事にしてるとわかるはずなんです。 

過保護の子供がだめになるのと同じ理屈です。 

自分で問題解決する力を奪っちゃいけません。

 

優しい声で何もさせないという静かな暴力

 

この理屈は、夫だけじゃなくて、親とか姑でもいっしょです。 

毎日頭と身体を使い続けていれば、それほど急激に衰えたりはしない。 

でも、何もせずにゴロゴロしてると、あっと言う間に衰えます。 

それが、高齢者=年寄りというものです。 

年寄りになっても元気でいたいなら。

可能な限り、自分でできることは自分でする。

そして、できるだけ階段の昇り降りとかが必要な環境で生活する。

などなど、体を日常的に使うようにすることが重要です。 

なのに、「お母様、私がやりますから、ゆっくりしててください。」なんて言って、年寄りに何もさせようとしない人がいたりしますよね。

一見、優しい。

世間的にも「優しいお嫁さん」とか言われるかもしれない。

でも・・。 

これって、よく考えたら、めちゃくちゃ怖いです。 

年寄りに、何もさせない。

それは。 

早く衰えてしまえ!ボケてしまえ!

そう言っているに等しいからです。 

だから、これは「暴力」です。 

静かな静かな暴力ですけど、徹底的に残酷で恐ろしい。

ホラーにでもなるんじゃないかと思うくらい。

だから。

もし、気付かずに、本当に親切のつもりで、そうやっている方がいるなら、すぐにやめてください。

繰り返しですが。

高齢者には。

自分でできることは、全部自分でしてもらってください。 

さらに、できることは、どんどん手伝ってもらうべきです。 

それが、本当の優しさです。

少なくとも、自分は、そう思います。