アラカン"BOKU"のITな日常

文系システムエンジニアの”BOKU”が勉強したこと、経験したこと、日々思うことを書いてます。

試行錯誤の重要性!とりあえず試してみないと前にはすすめないからね。

新しいことを、最初から、きっちりやるのは不可能です。 

いくら、事前に考えたって、所詮は机上の空論なんですよね。 

だって、新しいことを始めるということは、初体験の迷路を歩くようなもんです。 

どの道をすすんだらゴールへ行けるのかなんて誰にもわからないです。 

迷路でゴールにたどりつくには、とりあえず、目の前にある右か左の分かれ道のどちらかを選んで、前にすすむしかないです。 

で、行き止まりになったら、もとの位置に戻ってやり直し。 

それしかないです。 

でも、ここにとても大切なポイントがあります。 

元の位置に戻ってやり直し・・ができるようにしながら進むこと。 

これをしないと、単なる自殺です。(笑) 

 

未来のことなんか誰にもわからないけど、始めないと進めない

 

始めないと前にはすすめません。 

これは絶対の事実です。

未来は勝手にやってくるけれど、自分の望むように勝手になることはないです。

不思議なもんで。

始める前は、ものすごく難しそうに見えていたことが、実際にやってみると意外にシンプルだと気づくってことはよくあります。 

逆に、かんたんだと思ってたことが、意外に複雑で難しかったということも、同じようにあります。 

でも、ひとつわかって初めて、次の課題が見えてくる。

始めないと見えなかったであろう課題・・景色が。 

そうやって、ひとつひとつ課題を潰しながら前に一歩ずつすすんでいかないと、新しいことはできません。

 マンガみたいに、ぱっとひらめいて、ぱっとできる。

100%そんなことはありえないです。 

もちろん、じゃあ、一歩ずつ前にすすんでいけば、苦労はしても、きっとゴールにたどり着ける? のかというと、いや・・なんてわけもないですけど。

当たり前ですが。 

うまくいくときもあれば、うまくいかない時もあります。  

その時は、すっぱりあきらめて、やめるか、元に戻りましょう。 

時間の無駄ですから。

 

経験的に新しいことをはじめて大失敗する時って、同じパターンにはまってます。 

最初から綿密に考えすぎて、最初から完成形を目指して作業をはじめてしまう。

途中でうまくいかないと気づいても、「これだけの投資をしているから、簡単にはやめられない」って後戻りできない状態にはまってる。 

もし、やっているプロジェクトが、そういう状態になっているなら、できるアドバイスはひとつだけです。 

すぐ、中止しましょう。 

それで、上の人がそれを認めてくれないなら「逃げましょう」(笑) 

・・・・

とっととね。 

 

まとめます。

 

チャレンジ精神は大事です。 

やるからには、成功を目指して全力をつくしましょう。 

成功のために、事前にリスクを検討しておくことも確かに大事です。 

でも、とりあえずはじめて、試行錯誤することはもっと重要です。 

そのためには、いつでもやめたり、元に戻ってやりなおせるようにすることに、頭と気をつかいましょう。 

結局それしかないんだな。 

つくづく思う今日このごろです。