アラカン"BOKU"のITな日常

あれこれ興味をもって考えたことを書いてます

鈍感なくらいが生きやすいけど、人を傷つける感性の鈍い人にはなりたくない

よく気がつく人ってのもいいなと思うときはあります。

 

好感度高いですからね。

 

あれは、ひとつの才能ですし・・。


が、悲しいかな、自分にはそういう才能は、カケラもありません。


それは、「悪気はまったくないのはわかってる。鈍感なだけなんだよね!」と家族に言われていることからも明らかです。(^_^;)


自分からすると、家をちょっと模様替えをしたとか、髪の毛を切ったとか、化粧が昨日と違うとか、そんな事にいちいち気づける人の方が信じられないわけです。

 

けど、普通は気づくものだそうです。

 

やっぱ、自分は鈍感なんでしょうね。

 

でも、ひらきなおるわけではないですけど、鈍感であることは決して悪いことばかりではないと思ってます。

 

ストレス耐性があるという点では間違いなく長所です。

 

気づかないほうが良いとこってありますもんね。

 

陰口を言われていようが。

 

シカトされていようが。

 

誰かに指差さされて、しかめっ面されていようが。

 

面と向かって嫌味を言われようが。

 

そうだと気づかなければ、されてないのと一緒です。

 

いわく、「鈍感最強!」・・です。

 

まあ、それで問題が全くないとはいえませんけど、多少問題があっても、心穏やかに生きていける方がいいや・・って割り切るのもアリだなあって感じですね。

 

というわけなので、個人的には鈍感であったり、気がきかないことをそれほどネガティブにはとらえてはいません。

 

ただ、唯一、人を傷つけるような「感性の鈍さ」だけは別です。

 

最近、腹の立つ話を聞きました。


会社の事務手続きの話です。

 

なんかの事情があって、現住所を外にもらさないでほしいという女性がいたそうです。

 

想像するに、DVをする夫とかストーカーから身を隠してるような事情なんだろうなと推測します。


会社で働く時には現住所を届け出る必要がありますし、原則、住民票の住所と現住所は一致させてくださいと言われます。

 

住民税の手続きなどをするために絶対必要ですからね。

 

でも、住民票を今の住所に移すと、居場所がすぐばれてしまうのでできないというのもわかります。

 

それを察して、その担当者の方は、できるだけ希望にそって対応してあげてたそうなんですね。

 

でも、特別対応になりますから、一般的な会社のルールとかからははずれることにはなります。

 

それを上司が見咎めて、特別な対応をするなと言われたらしいです。

 

一生懸命事情を説明し、必要なことだと説明したそうなんですけど、聞く耳もたずで、上司から、その本人に対しても結構、心無いことを言ったそうなんですね。

 

そういう立場の女性がどれほど怖くて、心細い思いをしているのか。

 

そんな人の気持ちすら汲み取れない人間がいるのが信じられないと怒ってました。

 

同感です。

 

自分も聞いてるだけで、軽蔑を覚えます。

 

こういう話を聞くたびに、人として持ち合わせておかないといけない最低ラインの感性というのはあるなあと思います。

 

こういう人を傷つけるほどの鈍い感性のことは、絶対「鈍感」とは呼んでほしくないですね。

 

これは「非人間的」とか「酷薄」とか別の扱いにしてほしいです。

 

平和的に「鈍感」ではあるけれど、人を傷つけるような「鈍い感性」にはなっていない。

 

そこが最低ラインですね。

 

幸い、自分はまだそこは大丈夫みたいです。

 

だって、こういう話を聞いて、どこが問題かわかるし、心底腹立たしく思う感性はありますからね。

 

どんなに歳をとっても、そこは死守・・したいです。

 


生きることカテゴリの前の記事

自分がわからない事を否定したり、自分が常に正しいと思いだしたら、老害の始まりだね。