アラカン"BOKU"のITな日常

文系システムエンジニアの”BOKU”が勉強したこと、経験したこと、日々思うこと。

ああ・・、胡散臭いと思うことばっかりだ

胡散臭い(うさんくさい)。

 

何となく疑わしい。何となく怪しい。という意味です。

 

最近、やたらとこの言葉と使っている気がします。

 

テレビを見てても、新聞見ててもですね。

 

思わず、口から漏れてるんですね。

 

例えば。

 

森友学園の一連の話

 

加計学園の一連の話

 

豊洲市場の一連の話

 

共謀罪のやりとり

 

舛添前都知事の話

 

石原前都知事の話

 

などなど、きりがないですね。

 

聞いてて、通に考えればわかるようなことまで隠そうとするから、「胡散臭い」の言葉以外でてこないことばかりです。 

 

なんで、隠さないとダメなんですかね。

 

いまどき、役人の中に時の権力者の方を見て仕事する人がいると言われても誰も驚きません。

 

民間企業だって、社長の顔色ばっかりを伺いながら仕事する人はいっぱいいますしね。

 

直接指示をしなくても空気を読んで、下の人間が動いて権力者に気に入られようとする人もいるでしょう。

 

それに政治家の後援会のおそらく結構な数が、本音ではなんらかの利益誘導が目的だってことも皆知ってます。

 

自分らの仕事に有利になるように取り計らってもらえる可能性があるから、議員を一生懸命応援して、お金も出すんでしょうし、議員が引退したら必死になって後継者をたてるのでしょう。

 

そんな人達が、自分の応援している政治家が偉くなったときに、自分らが得になるように動くことを期待するのは当然でしょう。

 

そして、それに乗っかって点数稼ぎをしようとする役人や政治家がいたとしてもですね、良し悪しはともかくとして、不思議でもなんでもないです。

 

だから、きちんと調べて「こういうことだ」と説明すれば、本当に後ろめたいことがないなら、それで多分終わります。

 

それを、 直近の文書がすぐに「確認できない」とか「捨てた」とか、なんか臭いものに蓋って感じで隠そうとするから、見ているこちらとしては、心象的には「限りなくクロ」に近くなっちゃうわけです。

 

今時、お役所がとにかく文書をいっぱいつくったり、記録したりするところで、しかも、なかなか捨てない組織だということは半ば常識化してますからね。

 

こちらが、「政治家もこんなあからさまな利益誘導をしたら、どうなるかくらいわかっているので、しないよな。たぶん、上を見た役人が先走ったんじゃないかな」と思っているところに、わざと、自分たちのことを、「いやいや違うぞ。俺たちは、こんなにずるくて悪いやつなんだ。でも、証拠を残して捕まるようなヘマはしないんだ。ざまあみろ・・」と、悪くみせる逆宣伝でもしたいのかなあと、つい、思ってしまったくらいです。 

 

豊洲市場の盛り土の問題も同じです。

 

どっかで、この方が工事が安くつくか、工事が楽になるか・・みたいな現場の都合みたいな理由で決めて、その時は盛り土をしないことが、こんな問題になるなんてことまで深く考えずにやっちゃった・・位のことじゃないのかなってことは、おそらく、ほとんどの人が思っているような気がします。

 

おそらく、盛土をしていないことを知ってた人間も少なからずいて、「あれ、いいのかなあ。バレたらやばいんじゃない。」みたいな雑談を裏ではしてたって聞いても、別に驚かないですね。

 

だけど、バレたんです。

 

大変な問題になってしまったんです。

 

そしたら、自分たちの見込み違いを潔く認めないと仕方ないですよね。 

 

正直な話、政治家や官僚・お役人がそんな清廉潔白で完璧な人格の持ち主だなんて誰も思ってないし、期待もしていないです。

 

優秀かもしれないけど、ミスもする普通の人間だとも思ってます。

 

自分らだってそうですからね。

 

それを色々ああだ、こうだと責任の押し付け合いをしたり、うやむやな部分を作ったりして、ひょっとしたら、自分たちが思っていたより「悪意があってやったのかもしれない・・」なんて、思うようになってしまうようにしむけてますよね。

 

何の得があるんでしょうね。

 

官公庁の人と仕事するとわかりますが、結構実務をやっている人たちには熱い人がいますし、真面目で誠実な人も多いです。

 

上の方は知りませんけど。

 

だから、そういう人たちまでが怪しく見えてしまうようなことはしてほしくはないのです。

 

とにかく、誰がみてもわかるような事を、臭いものにフタをするような行為は、おそらく、やっている本人が考えている以上に、ネガティブな反動がきます。

 

むちゃくちゃ胡散臭くて、信用を損なう行為ですからね。

 

もし、他のすべてが優秀な人であっても、同じように知らん顔して白を切り通すようなことをすれば、その人は分類として「信じてはいけない人」に入ってしまうということです。

 

なんでわからないのですかね。

 

ため息でます。

 

正直、自分らはもういいんです。

 

自分もこれから高齢者になっていくわけですが、高齢者を特別扱いして優遇してくれなんて思いません。

 

どちらかといえば、自分の子供や孫の世代に、借金や問題を先送りしているように見えることが不安でたまりません。

 

それに、あんなしょうもない事を隠すようなことをされると、きっと、なんかとんでもないことを他にも隠してるとすら思えてきます。

 

そう・・とんでもないことを。

 

そんな不安いっぱいの雰囲気を自分らが作っておいて、安心して、個人消費を増やしてください・・て。

 

いや、無理だし・・、なんて思わねばならないのが悲しいっすね。

 


社会のことカテゴリの前の記事

日本の考え方を常識として、グローバルに向き合うとしんどいだろうなあ