アラカン"BOKU"のITな日常

文系システムエンジニアの”BOKU”が勉強したこと、経験したこと、日々思うこと。

定時退社にした最初は、残業するより遥かにしんどかったです。:働き方について

昭和の時代から長時間労働にどっぷりはまってきましたけど、今は、よほどのことがない限り、定時で退社するようにしてます。

 

それまでも、以前よりは労働時間は短くなってましたけど、それでも、9時出社で普通が20時退社って感じでした。

 

 

それを5年程前に、原則定時退社に方針を変えてみたわけです。

 

変えた理由は単純です。

 

もう、長時間労働の時代じゃないことを理解したからです。

 

残業は古いな・・。

 

いけてないな。

 

これからは定時退社+ワークライフバランスの時代だぜ!

 

と、まあ、そんな感じです。

 

正直、年齢もいって役職定年的な感じで、気楽な立場にもなりましたし、どんな感じかやってみるには良い条件が揃ったということもあります。

 

だから、徐々に時間を縮めていくのではなくて、この日から定時に帰る!って決めて突然にやりはじめる感じで始めてみたわけです。

 

時間が短くなる分、仕事量を減らすとかの調整を周囲とすることは、面倒くさいのでまったくやってません。

 

だから単純に、1日2時間分、生産性をあげてやってみようというチャレンジを自分に課してみたことになります。

 

一応、生産性をあげる作戦は考えてましたが、ほぼ、ぶっつけですね。

 

で、実際に、やってみてわかったことです。

 

最初のうちは、定時で帰るのは、20時までやるより、相当しんどかった。

 

この一言ですね。 

 

最初の1月間位は、へろへろになりました。

 

ものすごい集中しないと、2時間の短縮はできませんし、昼休みも1時間べったり休憩すると、厳しい感じです。

 

だから、定時で終わる時に、脳みそのシワが全部のびたみたいな感じがして、もう何も考えられない・・って感じになりました。

 

だから、帰宅してから何かしようと思っても集中できなくて、2時間以上早く家に帰ってるのに、ボーッとしてたので、さっぱり何もできません。

 

いや、8時間って長いな・・。

 

1週間って長いな。

 

初めて、そう思いました。 

 

 

もう、週末もバテバテですよ。 

 

でも、人間ってすごいです。

 

慣れてしまうんですね。

 

2月目くらいからは、帰宅してから本を読んだり、プログラム作ったりも少しずつできる余裕がでてきました。

 

3ヶ月目くらいからは、普段通りになりました。

 

つまり、2時間早く帰った分、家でできることが増えるという、本来の姿に戻れる程度の疲れ方になってきたのですね。

 

なるほど・・。

 

ここで初めて得心がいきました。

 

これが「生産性があがる」ということなんだなと。

 

よく、日経新聞の記事などで残業禁止に取り組む会社の記事が乗ってます。

 

それのひとつのパターンで、「残業をなくしたら労働時間が減るから業績が一時的に下がるのも覚悟した」という社長さんの話があって、「でも、そういうことはなく逆に業績がアップした」なんて話で終わってるってのがあります。

 

正直、ちょっと眉唾でみてました。

 

でも、わかりました。

 

たぶん、ホントです。

 

仕事量減らさず全員定時退社強制!・・これ、会社全体でやったらすごいことになりますよ。

 

でも、社員は大変です。

 

向き不向きもあります。

 

だから、労働者側としても、そういう生産性重視で定時で帰れる会社と、多少の残業はあっても、そこまで生産性で縛られない会社と・・みたいな、働き方の違いで会社が選べるような選択肢があったほうがうれしいかもしれないな・・と、ちょっと、思いましたね。

 

注:これは以前の記事のリライトです。

 


働き方についてカテゴリの記事の一覧はこちらです。

arakan-pgm-ai.hatenablog.com