アラカン"BOKU"のITな日常

あれこれ興味をもって考えたことを書いてます

誰かがしてくれて得をしたと思ってたら、足元をすくわれますよ。

自分のことは自分でする。

 

これが基本です。

 

もちろん、すべての事を自分ひとりでできるわけはないです。

 

でも、自分ができることは自分でやる。

 

自分で手におえないものは、助けてもらう。

 

誰かの手におえないものは、手伝う。

 

これが、人間関係の原理原則ですよね。

 

なんですけど。

 

どういうわけだか、自分のことまで人にしてもらうことが当然みたいに思っていて、それができない人が結構います。

 

自分でやらないと、どんどんできなくなるのに・・。

 

意味がわかりません。

 

人にやらせることができる自分が偉いと思っているのか。

 

それとも、それが楽ができて得になると思っているのか。

 

だとしたら、大間違いですね。

 

歳をとっても、毎日やってると、それほど体力も落ちないし、思考能力もおちません。

 

自分でも意外だったんですけどね。

 

でも、ちょっとさぼると、驚くようなスピードでできなくなります。

 

この間も、ちょっとしたツールをEXCELVBAで作ることになったんですね。

 

もともと、得意だったし、気楽に引き受けました。

 

半年ぶりくらいだったんですけど。

 

まあ、半日くらいかな・・と、やりはじめて、いきなり「あれ?」っとなりまして、基本的な関数とか文法とか微妙なところを尽く思い出せなくて、ネット検索する羽目になりました。

 

1時間くらいやっていると、思い出してきて元にもどるんですけどね。

 

いやあ、衝撃的でした。

 

半年しないだけで、ここまで忘れる?

 

ああ、これが歳をとるということなんだ。

 

そう思い知った経験があるからこそです。

 

だから・・。

 

資料は自分で作りましょう。

 

コーヒー・お茶は自分でいれましょう。

 

買い物も歩いて自分で行きましょう。

 

できたら、家に帰っても、料理したり、洗濯したり、掃除したり・・できることは何でも自分でやりましょう。

 

それが結局、自分のためです。

 

さぼって、人にやらして得したなんて考えてる余裕はないですよ。

 

ある程度、歳がいってて、ボケずに長生きしたいなら。

 

ですね。

 

ホント、そう思います。

 


生きることカテゴリの前の記事

みんなに好かれようとするのは、まったく逆効果にしかならんよね