アラカン"BOKU"のITな日常

文系システムエンジニアの”BOKU”が勉強したこと、経験したこと、日々思うことを書いてます。

正しい怒り方をしたいなら、タブーは「自分の都合で怒る」ことです。

怒るという行為も、仕事では必要です。  

間違ったことをした相手には毅然と叱ったり、怒ったりするメリハリがないと、規律が緩みまくります。 

特に間違ったことをした部下に対しては叱るか怒るか、毅然と対応するのは上司の重要な仕事だと思います。 

なんですけど、難しいですよね。 

自分もどちらかといえば苦手でした。 

特に変に仲良くなると厳しいことが言いにくくなるというのは、人間であるかぎりしょうがないです。 

だから、仕事ではあえて人間関係で距離をおくようにするとか、いろいろ考える必要があったりします。 

でもまあ、それも含めて仕事ですから。 

しょうがないです。

 

”怒る”というのも、ひとつの技術です。

 

技術なので「正しい怒り方」や「間違った怒り方」は存在します。 

その判断基準として、褒めるときには皆の前で大声で、叱ったり・怒ったりするときにはマン・ツー・マンで・・という原則とか、より効果的な叱り方・怒り方というテクニック的なものが語られるケースが割合、多いです。 

でも、個人的には、もっと大切なポイントがあると思ってます。 

それは「自分の都合だけのために怒らない」ことです。 

ここで言う「自分の都合」にはバリエーションがあります。 

自分のイライラを解消するための八つ当たり的怒り。 

自分のメンツを守ったり、都合の悪いことを隠す逆キレ的怒り。 

自分の都合よく物事をすすめるための計算づくの怒り。 

などなどですね。 

これは絶対に避けなければいけません。  

 

避けるべき理由があります。

 

ひとつ。

自分のストレス解消以外に全く意味がないどころか、害にしかならないからです。 

自分の都合で怒っていると、相手にもそれが伝わります。 

当然、モチベーションは下がり、仕事の効率もさがります。 

組織の中で、浮いてしまうかもしれません。 

それでは全く意味がありません。 

仕事である以上、怒ることで仕事の効率をさげてしまうことが最低の結果であることは自明です。

 

もうひとつ。

自分の都合で相手に怒りをぶつける行為が、「人として正しくない」からです。 

”自分の都合だけのために怒る”ということは、単なる暴力やいじめと同じです。 

仕事うんぬん、関係なく避けるべきだと思います。  

 

みっつ。

再度の「計算づくの怒り」は結局「ブラック企業の手口」そのものだからです。 

計算づくの怒りとは、普段、相手の能力のなさを指摘してなじったり、怒鳴ったりして厳しく当たっておいて、時々、飲みにさそって「実は俺もやりたくてやってるわけじゃない」なんて、ちょっと優しいところを見せる・・みたいな感じのやり方です。 

うまくやると、「怒っても嫌われない関係」になることもできるし、人の良い部下だと「良い上司」だと勘違いしてくれたりします。 

だから、昔は、こういうやり方を「部下をうまく使うためのノウハウ」みたいに自慢げに教えたりする人もいました。 

でも、これは一種の「洗脳」と同じです。

だから、本当にやめましょう。 

 

怒るという行為には人間性がでてしまう

 

同じ「怒る」という行為をしても、きちんと筋がとおっていて、かつ、相手のことを考えている人の場合は、不思議と怒られていてもその誠実さが伝わってきます。 

怒られても、妙に腹の立たない人っていますでしょ。 

そういう人です。

狙ってできるもんでもないですけどね。

頭の中で、いくら「自分は相手のことを考えて怒ってるんだ 」と思っていたとしても、単なる自己満足にとどまっているだけの人も沢山いるみたいですし。

自分なんかも、まだ自己満足どまりですね。

まだまだ達人の域には遠いです。

でも、意識していかないと、上達はありません。

ぼちぼち、努力しないと・・です。

とはいえ。

努力といっても、テクニックうんぬんではないんですね。  

結局、人間性を磨くしかないんです。

怒るという行為ひとつでも、知らぬ間に、それが周囲に伝わってしまうんですから。 

怖いですねえ。