アラカン"BOKU"のITな日常

あれこれ興味をもって考えたことを書いてます

裏切られるだろうな思ってれば、裏切られてもそう腹はたたないもんです

100人いれば100通りの人間がいます。

 

考え方も違えば、価値観も違います。

 

その人達が自分たちの考えや価値観にもとづいて行動するわけです。

 

そうそう、自分の思い通りに動くわけないですね。

 

だから、たまには嘘をつかれたり、裏切られたり。

 

あって当たり前かなと思ってます。

 

まあ、気分はよくないですけど。

 

ギャーギャー怒って、エネルギーを使うほどでもないかな・・と。

 

自分の経験からでしかないですが、人は基本的に信じすぎないほうが精神的に良いみたいです。

 

性善説性悪説とかそんな大層な話ではありません。

 

信じてて裏切られたら腹がたつけど、どうせ裏切るだろうなと信じないでいれば、裏切られたって、それほど腹がたたない・・という理由だけです。

 

こんな事を言うと、時々怒られるんですけどね。

 

人を信じられなくなったらお終いだとか・・。

 

いや、違うんですよね。

 

信じたいから信じない・・というか、見放したくないから信じない・・というか、うまく表現できないんですけど、違うんです。

 

例えばです。

 

誰かから依頼ごとを受けたとします。

 

ところが、自分が過去にその相手にちょっとした裏切りをうけて、傷ついた経験を持ってたとします。

 

正直、相手が嫌いなら断って終わりです。

 

でも、自分がその相手を決定的に嫌いではなくて、もう一度チャンスをほしいと言っているのを信じてあげたい気持ちが少しだけあるような場合です。

 

一応、受けることにしたとして、その時に「今度は裏切られない」と信頼して依頼をうけてしまうと、そうならなかった時に深く傷つきますよね。

 

でも、同じ受けるにしても、「きっと、また裏切られるんだろうな」と最悪のケースを予測しておけば、仮にそうなったとしても、「予想があたった」というだけですし、そうならなかったら、喜び倍増になります。

 

どう転んでも、お得です。

 

信じたいから信じない・・というか、見放したくないから信じない・・というニュアンスわかりますかねえ?

 

嘘をつかれたり、裏切られたときの物理的な損害は、たぶん、どっちにしていても同じです。

 

でも精神的・肉体的損害は、最初から信じていなかった方がはるかに軽くすみます。

 

そうすると、自分の体にもいいですし、ダメージが少ない分相手をうらまなくてすみます。

 

ちょっとした心の持ちようなんですけどね。

 

違いは大きいですよ。

 

若い時は絶対無理だったんですけど、年齢を重ねてくると、こういう芸当もできるようになってくるんです。

 

亀の甲より年の功・・ってやつですかね。

 


生きることカテゴリの前の記事

日本は、40代~50代男性の自殺者が多い特殊な先進国なんですね。