アラカン"BOKU"のITな日常

あれこれ興味をもって考えたことを書いてます

人間を単なるコストと見て評価しようとする時点で、もう間違いなんですよ。

IT業界でよく耳にする評価の指標のひとつに「稼働率」ってのがあります。

 

もともとはコンピュータ(稼働時間を総運転時間でわったりetc)や設備(実績生産量を総生産能力でわったetc)なんかが、どれくらい効率的につかえているかに使う言葉です。

 

でも、IT業界の人・・特にアプリケーション開発系の人・・と話しをしてて、この言葉が出てくるときは、「人の稼働率」的な意味合いで使われることが多いです。

 

ようするに、作業時間を計測して「作業時間全体の中で、どれだけ売上・利益に貢献できる仕事に時間を使えているか」を測るわけです。

 

そして、この人は稼働率が高いとか低いとか、その数字を見て評価するわけですね。

 

一般的に使われてるみたいなんですけど・・・。

 

自分はこの考え方は嫌いです。

 

大嫌いです!

 

確かに人件費は企業会計における支出ではあります。

 

だから、お金を払っているのだから、無駄な時間なく働いてもらわないと、損をするじゃないかと考える人がいても不思議はありません。

 

でも、間違ってます。

 

絶対!!

 

人間と機械は決定的に違いますから。

 

一番大きな違いは「人間は成長できる」ことです。

 

さらに、「人間は化ける」こともできます。

 

50点の機能の機械を買えば、100%使い切っても50点です。

 

でも人間は、入社した時に50点の実力でも、それが60点、70点・・それどころか100点を超えて、別の段階に化けてしまう可能性を常に秘めています。

 

もちろん、逆に10点とかになる人もいますけどね。

 

そう考えると、人件費はコストではなく「投資」なんですよね。

 

投資を価値あるものにするには、投資対象の人間が成長する必要があります。

 

人間が成長するには勉強の時間が必要です。

 

仕事の時間外でも勉強はできます。

 

けど、一番効率が良いのは、仕事中の経験です。

 

同じことをルーティーンのように繰り返すのは経験になりません。

 

ちょっと違うやり方を試してみたり、今やってる事から展開して、新しい試みを付け加えてみるみたいな試行錯誤の積み重ねが経験です。

 

新しいことや思いつきを試すと失敗する方が多いです。

 

当たり前ですね。

 

10回やったら9回はうまくいかなかったりもします。

 

でも、そういう小さい失敗や成功の経験の積み重ねが、経験としてスキルのベースになるわけです。

 

本で勉強したらい、講習で教えてもらうだけで仕事に使えるスキルなど身についたりしませんよね。

 

だから、この試行錯誤して失敗している時間は「無駄」な時間では決してありません。

 

そう考えていくと、前に上げた「稼働率」で人間を評価する方法が、この試行錯誤の時間を否定するものだとわかるはずです。

 

だって、「稼働率」をあげる確実な方法は、極端に言えば、自分が慣れているルーティーンの仕事だけをひたすら就業時間中やり続けることですからです。

 

そんな仕事の仕方をしていると、人間は退化していきます。

 

現状維持もできなくなるんです。

 

だって、周囲は進歩していくわけですから。

 

それで良いと経営者が考えているということは、人間を使い捨てのコマだと考えていることとイコールなんですよ。

 

試行錯誤をしている時間は、一見、無駄に見えるかもしれません。

 

でも、それをやらない限り、人間の・・社員の・・成長はありえませんから、当然、会社もじわじわとダメになっていくはずです。

 

だから、「稼働率」を人に適用して評価するのは、自分は嫌いです。

 

しつこい様ですけど。 

 


人事評価のことカテゴリの前の記事

人事評価のときに、すごくもったいないやり方をしてると思うときがあるんです