アラカン"BOKU"のITな日常

文系システムエンジニアの”BOKU”が勉強したこと、経験したこと、日々思うこと。

試験のための勉強以外の生活の時間や遊びの時間も、立派な勉強なんだと思う。

たまに仕事で遅くなって深夜(午後10時とか11時頃)帰っていると、たくさんの小学生かせいぜい中学生までの子供が建物からでてくるのを見かけることがあります。

 

その建物は、学習塾なんですね。

 

なんて非常識な塾だ。

 

こんな時間まで子供をいさせるなんて!

 

自分は、ひとり憤ってました。

 

ですが、その塾は人気があるそうです。

 

かつ、その塾に通わせている親は別におかしいと思っていない。

 

それどころか、その話をすると「子供が良い学校にはいるためだから」と言って、憤ってる自分の方がおかしいみたいに言われます。

 

自分は塾に行ったこともないし、子供も行かせたことがありません。

 

だからかもしれませんが、正直、わけがわかりません。

 

確かに勉強はしないより、した方が良いです。

 

そこは認めます。

 

でも、小学生・中学生の頃って、もっと大事なことがあるはずです。

 

人として「ちゃんと生きていく」ために必要な常識を身につける。

 

他の人と折り合いをつけて社会生活を営むために必要な諸々を学ぶ。

 

そういう時期でもあるんです。

 

また、自分の頭で、物事の善悪を判断したり、行動を決めたりできる「自己」を確立する時期でもあります。 

 

そういうことの中には、友達との関係(遊びや揉め事を含めて)や教科書とは関係のない読書とか、そういう生活経験の中でしか身につかないものがたくさんあります。

 

受験勉強だけしているのでは駄目だと思います。

 

なのに、午後の11時まで塾に縛り付けるような生活をさせている。

 

子供はいつ、勉強以外の大事なことを学ぶんですか?

 

親の方が大きな勘違いをしてませんか? 

 

人生のゴールは「良い大学にはいること」ではありません。

 

かつ、「良い大学にはいれば、良い人生が保証される」ことも、絶対にありません。

 

学校を卒業して社会にでた時が自分の人生のスタートラインです。

 

学校は社会に出たときのための準備期間でしかないんです。 

 

社会に出たときからは、試験で良い点をとれるかどうか?は関係なくなります。

 

試験は「誰かが決めた答えと同じ答えを見つける」こと。

 

対して、社会にでて向き合う問題は「絶対の正解はなくて、いくつかあるベターな答えのどれを選ぶべきかを自分で考えて判断する」性質のものです。

 

まったく、真逆のスキルが求められます。

 

対人関係だって、自分に好意的に接してくれる良い人ばかりではありません。

 

性悪な人もいれば、嘘つきもいます。

 

強圧的な物言いを得意とする人もいれば、ずる賢い人もいます。

 

それでも、嫌な相手だから仕事しない・・なんて言って逃げるわけにはいかないんです。

 

そういう人たちを相手に渡り合っていかないといけないのが社会であり、仕事ですから。

 

ある程度、精神的にも、タフでないと生き抜いていけないんです。

 

そんな社会で。

 

試験勉強しかさせてもらえず、親や先生の望むような行動をとることだけが正しいと教えられてきた・・とか。

 

社会生活を営む諸々の知識や、乏しい人間関係しか経験していないとか・・。

 

そういう人が、やっていけるかどうかを想像できないんですかね?  

 

他人事ながら、心配になります。

 

自分も親でしたからね。

 

正直、考え過ぎであることを願います。 

 


教育のことカテゴリの記事一覧はこちらです。

arakan-pgm-ai.hatenablog.com