アラカン"BOKU"のITな日常

あれこれ興味をもって考えたことを書いてます

ネットやテレビの情報をそのまま信じるのはダメなんじゃない?

ネットやテレビなどのメディアは重要な情報源です。

 

ないと、それこそ目と耳を奪われたみたいに不安になります。

 

でも、その情報を100%信じれられるか?

 

そんなわけないですよね。

 

そのまま信じても良い情報なんて、せいぜい10%・20%くらいのもんじゃないですかね。

 

個人的には、20%くらいが本当のこと、20%くらいが真っ赤な嘘、残りの60%は本当と嘘の中間みたいな感じですかね。

 

本当と嘘の中間みたいなものっていうのは、ようするに、「面白くするために盛ったり、脚色してある情報」を指してます。

 

別に統計とったわけじゃないですけど。

 

自分的には、わりといい線いってると感じてます。

 

別にメディア批判してるわけじゃないですよ。 

 

ネットも含めて、情報を発信する側の立場で考えてみれば、そんなもんでないと逆におかしいと思ってるだけです。

 

そもそも、情報発信を仕事でやってるか、仕事でなかったとしても、たくさんの人に知ってもらいたいという意思をもってやってるわけですから。

 

なんらかのバイアスがかかってない方が不自然です。

 

仕事で情報発信している人にはお客様がいます。

 

親会社や経営者、上司なんかもいます。 

 

テレビでいうなら、NHKならお上である政府・官庁とかが親会社に相当するでしょうし、民法の場合だとスポンサー様という重要なお客様がいます。 

 

だから、視聴率とか部数とか、ネットのPV数とかは、気にせざるをえません。 

 

普段の仕事でも、承認してもらいたい稟議や提案を上げるときに、プラス要素を資料の中で強調するなどの脚色はしますよね。

 

それと同じです。

 

視聴率やPV数などを気にする以上、テレビやネットの情報でも、インパクトの薄い部分を隠したり、誇張した表現にしたりするのは当然でしょう。

 

それはタイトルだけの話ではなく、内容も見て面白く、視聴者が楽しめるように多少の脚色もしますよね。

 

見ている人が興奮したり、楽しめるように構成するのも、立派なプロのスキルなんですから。

 

情報番組なんかでも、例えば、お願いして取材させてもらっているお店の商品を食べて、「不味い」とか言えるわけがありません。

 

それこそ不自然です。

 

だから、「20%くらいが本当のこと、20%くらいが真っ赤な嘘、残りの60%は本当と嘘の中間だと思う」なんです。

 

それらの情報の、どれを信じるかどうかは、見る側で判断です。

 

嘘だと思えば無視すれば良いし、本当だと思えば信じれば良い。

 

脚色されているなと思ったら、複数の情報ソースを見て、どの部分が誇張されていて、どの部分が本当のことを伝えているかを判断すれば良い。

 

それだけのことです。

 

テレビで言ってるから・・とか、ネットで専門家みたいな人が書いてたから・・なんて理由で、100%信じ込む人は、おそらく、詐欺グループからみたら上得意になれる素質があります。

 

ようするに「ネギをしょったカモ」ですね。

 

メディアで情報発信している人たちの大部分が、高いプロ意識をもって、できるだけ良質な情報をとどけようと努力されているのは間違いないです。

 

でも、親会社や政治家などの顔色を伺う上司も当然いるでしょうし、上司・部下の関係があるかぎり、どうしようもないこともあります。

 

世の中、そんな綺麗事だけでできてないですよ。

 

だから、自分の頭で考える癖をつけとかないとダメなんです。

 

ネットやテレビなどのメディアの情報のどれを信じて、どれを無視するかは自分で判断して決める。

 

情報をそのままうのみにして、信じない。

 

当然のことだと思うんですけどね。

 


その他もろもろの前の記事

電鉄会社にお願い!ラッシュ時に男性専用車両をつくってください。