アラカン"BOKU"のITな日常

文系システムエンジニアの”BOKU”が勉強したこと、経験したこと、日々思うこと。

会社トップに一貫した姿勢がないと長時間労働削減は無理!な理由:働き方について

働き方改革とかって言われる前から、長時間労働を減らせというプレッシャーは当然のごとくありました。

 

出身大学出身の社員が大量に辞めたりして、大学から、もう学生を斡旋しないという圧力がかかったり、労働基準局から指導されたり・・まあ、動機はいろいろです。

 

そうすると、ある日突然、残業するなって指示が上からふってくるんです。

 

いつも、そんな感じでした。

 

その経験から言えば。

 

実は、残業時間ってある程度のところまでは、簡単に減ります。

 

それまで、野放しだったら・・ですけどね。

 

それこそ、経営層が本気で「長時間労働を削減しろ!残業時間を減らせ!」とメッセージをだして、その本気度が従業員に伝われば、それだけで減ります。

 

それも半分とか三分の一とかまでは減ります。

 

実際、対策チームにはいって、時間外労働時間をどう減らすのかを検討していたら、何もしてないのに目標より下がってしまって、チームは解散・・なんてこともありました。 

 

ただ、そこから先は簡単にはいきません。

 

悲しいかな、そのまま定着もしません。

 

ここからは、経営層が長時間労働を削減するというメッセージを一貫して発することができるかどうか?で決まります。

 

ここで言うメッセージとは、スローガン的なことではありません。

 

口だけのスローガンなんて誰でもいえます。

 

普段の立ち居振る舞いなどの言語外コミュニケーションも含んだメッセージです。

 

一番、はっきりするのが、あえて長時間労働をしている社員に対しての扱いです。

 

長時間労働が問題になっている職場には必ずいます。

 

真面目だけど、一生懸命仕事に取り組む代わりに、長時間労働をしている社員が・・。

 

20年か30年位前なら、無条件に頑張るやつということで評価された人たちです。

 

この人達に経営者がどういう態度をとるか。

 

これがメッセージです。

 

もし、長時間労働削減を本気でやるなら、この人達を評価してはいけません。

 

長時間労働はやめましょう。

 

定時時間内で生産性をあげて結果をだしましょう。

 

ワークライフバランスを大切にしましょう。

 

こういう事に、完全に背を向けた人たちですから。

 

でも、悪い人ではありません。

 

おそらく、不器用で、仕事のスタイルを簡単に変えられないだけです。

 

そこを改善させるに、あえて否定できるかどうか。

 

そこで経営層が、この人達を頑張っていると言ってしまうと、ほぼ終わります。

 

すなわち、残業するな・・と建前では言ってるけど、無視して残業をしてでも結果だせば良いというのが本音なんだな・・と、他の社員にメッセージが伝わってしまいますからね。


難しいですよね。

 

いろんな働き方をする社員がいますから。

 

だから、個人的には、すべての企業がまったく同じ働き方を採用するのは、逆に無理じゃないかと思ってます。

 

ただ、1社の中で両方共認めてしまうと、ダブルスタンダードになって、働く側としてどっちをむいていいのかわからず、ストレスがたまります。

 

だから、企業ごとに働き方のバリエーションで企業カラーを打ち出して、一貫性だけ守るという考え方の方がいいかもしれませんね。 

 

前回も最後の方でちょっと書きましたけど。

arakan-pgm-ai.hatenablog.com

 

例えば。

 

短時間集中型で生産性重視の働き方が得意な人を評価する会社。

 

生産性重視ではなく、時間はかかっても丁寧な仕事をする人を評価する会社。

 

それこそ結果さえだせば、労働時間なんか問わないという会社。

 

などなど。

 

そういう色分けをはっきりして、労働者が働き方を選ぶようにしてほしいな。

 

そうやって、終始一貫してくれる方が、働く側としては会社の中で「ダブルスタンダード」があって、モヤモヤしているよりも、よっぽどいいや。

 

そう思ったりもするわけです。

 


働き方についてカテゴリの記事一覧はこちらです。

arakan-pgm-ai.hatenablog.com