アラカン"BOKU"のITな日常

あれこれ興味をもって考えたことを書いてます

報われない努力はあるけど、努力をしたという事実は消えないんだよ!

努力が必ず報われるなんてことは、絶対にありません。

 

これは厳然たる事実です。

 

だから、努力をしても報われないかもしれないことを、気持ちのどこかで受け入れておく必要があります。

 

そもそも、何かで一流と呼ばれる存在は、存在自体が希少で誰でもなれるわけではないから価値があるわけです。

 

どんな勝負でも最終的な勝者はひとりですしね。

 

同じ努力をすれば、みんなが一流になれたり、勝者になれるなんて物理的に無理です。

 

合格率100%の資格試験でとる資格に希少価値なんてないです。

 

だから、何を目指すかにもよりますが、努力しても、かなりの確率で報われない場合があるのは当然といえば当然です。

 

でも、結果がでない・・ようするに報われない・・と、その努力は無意味だったのかというと、そんな筈もないんですね。

 

努力をしたという事実は消えません。

 

努力をして身につけたものが消え去ることもありません。

 

努力することができたという事実だけでも、十分に意味があって、価値があるものなんだということですよ。

 

目指していた結果としては報われなかったかもしれないですけど、他のところで思ってもみない形で、必ず人生のどこかで「やってよかった」と思える瞬間がくるんです。

 

ここがね。

 

若い時に、なかなかわからなかった所なんです。 

 

それが、なんで段々とわかるようになるかというと、年齢を重ねていくうちに、そういう経験を実際にするからです。

 

自分はどちらかというと若い時は努力をする才能のない人間だと言われてました。

 

実際、学校の勉強とか、一般的に大人が努力と呼ぶ範疇にはいっているものは一切しませんでした。

 

でも、遊びの感覚でできるものについては色々やりました。

 

ダンスだったり、楽器だったり、はたまた釣りだったり、結構脈絡なく、かつ、ハマっている期間が短いものもありましたけど、ハマってる間は必死でやりました。

 

ストイックに頑張っているというより、好きで楽しんでやってただけですけどね。

 

時々、楽しんでたら努力じゃないなんて、バカなこと言う人もいるので一応補足しておきます。

 

努力って言葉を、一般的に我慢してストイックにならないといけない響きで使う人がいますけど、自分はそうじゃないと思ってます。

 

好きじゃないと努力はできないです。

 

自分で「やりたい」と思ってやらないと努力ではないです。

 

そもそも、大人や他の人に言われたからとか、自分の意思と関係ないところでやるのは、努力じゃないです。

 

単なる「我慢」だったり「服従」だったり「隷属」する行為です。

 

もしくは、単なる「訓練」を受けただけでしかないです。

 

そういうのは、この記事での「努力」には含めたくないですね。

 

ちょっと、横道にそれました。

 

話を戻します。

 

努力した結果が思ってもないところで、役にたった経験の話でした。

 

いろいろあるんですけど、印象的だった例をひとつ。

 

昔、ハマったものの一つに柔道がありました。

 

といっても真面目にやったのは、2年間ほどです。

 

もともと、漫画の影響ではじめただけで、大して強くもなれないままやめてしまいましたが、やってる間はちゃんと毎日練習してました。

 

柔道には受け身の練習があります。

 

ただ、何十回も反復して、前受け見、横受け身、前回り受け身などを繰り返しやるだけです。

 

単調で実につまらない練習ですけど、大事な基本なので、一応さぼらずにちゃんとやってました。

 

でも、柔道をやっている間に、報われることはなかったですね。

 

大会とかでも、地方の二回戦くらいでコロっと負けちゃいましたし。

 

その後、今度はバイクにハマったんです。

 

柔道をやめてから10年以上はたってたと思います。

 

毎日、走り回ってました。

 

そんな、ある日転倒しました。

 

夜だったと思います。

 

何が原因か未だにわからないですが、カーブで寝かしてたバイクがガバッと急に起き上がるような形でコントロールを失って、体が放り出されるみたいな危ないコケ方でした。

 

瞬間・・あ、死んだ・・って感じでした。

 

ところが、次にハッと気づいたら、ちゃんと生きて立ってたんです。

 

どうも、頭から突っ込むところを、無意識のうちに柔道の前回り受け身で、くるっと回って立ったみたいなんですね。

 

毎日、反復練習してたから体が覚えててくれたんですね。

 

たぶん、やれと言われても、同じことは2度とできないと思いますけど、柔道やってなかったら、100%死んでたな・・と、本当にゾッとしましたね。 

 

こういう類の経験を、他にも何度かしてます。

 

だから、自信を持って言い切れます。

 

努力は必ず報われるわけじゃないですけど、やった事実は消えません。

 

人生のどこかで、思ってもみない形で「やっててよかった」と思える瞬間がくるんです。

 


生きることカテゴリの前の記事

arakan-pgm-ai.hatenablog.com