アラカン"BOKU"のITな日常

文系システムエンジニアの”BOKU”が勉強したこと、経験したこと、日々思うことを書いてます。

働き方改革の本質は、仕事を再構築して分業化を推進することじゃないのか

働き方改革という言葉をなにげに使ってます。 

ですが、なぜ「働き方改革」が必要なのか?

そこは人によってぶれてる気がします。

単に「残業時間削減」みたいな狭い意味で言われる人もいますからね。

そもそも・・はどうなのか?

自分なりに整理してみました。

ようするに。

少子高齢化労働力人口が減少している。

労働力不足が深刻化する懸念がある。

女性とか高齢者とか障害者とかにも働きやすい環境を整備して、労働力人口を底上げしないといけない

でも、現状は長時間拘束・会社側都合優先の働き方が蔓延しており、能力があっても、それにあわせられなくなったらはじき出されてしまう。

だから、そういう労働環境を改善し、働き方のバリエーションを増やし、効率的な労働力の確保に努めていくことで、労働力不足に対応していかなければならない。

こんな感じみたいです。 

最初のころに何かの資料で読んだ受け売りですけど(笑)。

 

じゃあ、「働き方改革」の本質はこういうことなんだろう 

 

上記の理解にもとづいて考えてみました。 

そうしたら。 

現在の問題点は、特定の労働条件を満たした個人だけが遂行可能な仕事のやり方になっていることじゃないかと感じました。

なぜ、そうなるか。

仕事の構成要素(手順を含めて)が属人化を前提に組み立てられているからだ・・と。

 だとしたら。

 特定の個人に依存・・つまり「属人化」・・している仕事の工程を分析する。

 それを細かいパーツにわけ、分業化できるようにしていくなどの仕事の再構築こそが、「働き方改革」の本質じゃないのか。 

そう思ったわけです。 

つまり。 

時間な制約とか能力的な制約のある人が活躍するには、その制約の中でやれる単位に仕事を分業化する仕組み作りが必要だろう。 

それをしないで、単に「長時間労働するな」と指示をだすということは、「より短い時間の中で、今までと同じだけの仕事量を終わらせろ!」という無茶ぶりでしかないんじゃないか。  

そんな個人の能力や特定の条件に依存するような無茶振りが改革なんかであるはずがないんじゃないか?

ということなんですね。 

 

働き方改革は「働く側の方法論」ではないはずです

 

働き方改革の最大の問題は、それが「働く側(労働者)の働き方の問題」のように誤解される場合が多いことだと思ってます。 

働く側の働き方の問題であるはずがないのに。 

働き方改革の「働き方」は、「多様な従業員に人間らしく、かつ、効果的に働いてもらう方法論」をささないと、本来の目的と一致しません。 

つまり、純然たる企業側の問題です。 

しかも、構造的な。 

なのに、いつの間にか「働き方」が「働く人がいかに働くか?」っていう意味にすりかわってたり。 

残業を月100時間まで認めるとか認めないみたいな枝葉の話ばかりに焦点があたっていいたり。 

働き方改革長時間労働削減みたいに理解している人までいますしね。 

うーーん。 

なんか、楽な方に流れてないか? 

そんな風に見えるんです。

とにかく。

一番働き方改革を無視してる官邸や官庁の人間が「働き方改革」を言うこと自体に、限界があるかもしれないですねえ。