アラカン"BOKU"のITな日常

文系システムエンジニアの”BOKU”が勉強したこと、経験したこと、日々思うこと。

悪い会社(ダメな会社)と良い会社の違いは紙一重。こういう兆候が見えたらヤバイかも!

良い会社と悪い会社(ダメな会社)の違いって何か?

 

そういう話はよくあります。

 

色んな意見がありますけど、自分はやっぱり「経営者の能力」に尽きると思ってます。

 

実際にもう35年以上、会社員をやってますからね。

 

努めていた会社の業績が良くて、世間から優良企業と呼ばれていた時期も経験してますし、その会社の業績がおちて、リストラを余儀なくなれる状況も体験してます。

 

それも複数回。

 

その経験を思い返してみると、会社がダメになっていくときの兆候に共通するものは、確かにありました。

 

今回は、それについて書いてみようと思います。

 

繰り返しになりますけど、会社が良い会社かダメな会社かというのは、ほぼ「経営者」で決まります。

 

とはいえ、下の人間が「経営者」の良し悪しなど、なかなかわかるもんではありません。

 

でも、良い会社から悪い会社(ダメな会社)への変化=経営者の変化は、微妙なところから少しずつ「危険な兆候」として、現れてくるものです。

 

自分が考える「危険な兆候」は次のようなものです。

  • 会議が定時に始まらなくても怒る人がいなくなる。
  • 会議の雰囲気がリラックスしたものになって笑い声が増える。
  • 社長の周囲にイエスマンっぽい人がだんだん増えてくる。
  • 経営幹部がずっと本社にいて、現場をまわらなくなってくる。
  • リスクの指摘ばかりで、何も行動しない人が出世しはじめる。
  • 対策立案ばかりで、やった結果を検証することをしなくなる。
  • やたらとスローガンやお説教を朝礼とかで言い始める。

 

こうやって、リストであげると「なるほど」と思うんですが、実際はなかなか気づかないもんではありますけどね。

 

有名な「ゆでがえる」の逸話があります。

 

カエルを常温の水にいれ、徐々に熱していくとその水温に慣れていってしまい、熱湯になったときには、もはや跳躍できずにゆで上がってしまうという話です。

 

これは、めちゃくちゃわかります。

 

実際、上にあげた兆候も、いきなり変わるわけではないんです。

 

日々の仕事の中で少しずつ変わります。

 

例えば、大事な会議に遅刻した。

 

今までだったら定時にはじまっていて、遅刻して入ると厳しく注意されるパターンなので、「申し訳ありません!」と覚悟してはいっていったのに、何も言われなかった。

 

半期締めの会議で、未実施の計画があり、その言い訳を必死で考えていったのに、結局、議題にもあがらずスルーされた。

 

などなど。

 

その時は肩透かしというか、どちらかといえば「ラッキー!」と思うようなことから始まります。

 

そして、会社全体がなんとなくフレンドリーになって、ピリピリした部分が消えてきて、なんか「前より雰囲気がよくなった」ような感じがしてきたりします。

 

経験的に、ダメ会社に転落していく過程って、実は仕事が楽になって、良い会社になったようい見える時期はあります。

 

この辺で、お湯の温度は少しずつあがってるんでしょうね。

 

でも、その時期は長くは続かなくて、会社の数字が落ちてきて、そうすると結構バタバタするんですけど、意外に緊張感とか危機感が薄くて、「会議で数字を責められる時間をなんとかかわせば一週間安泰」みたいな感じになります。

 

まあ、後で考えてみると、この時点ではみんなもう茹で上がっていて、跳躍して逃げる力を失ったカエルになってるんですよね。

 

いやあ、怖いです。

 

ついでに言っておくと、茹で上がる前に、誰かが気づいても最終的には経営者=社長が気づかない限りは、絶対流れは止められません。

 

その時に、悪い会社(ダメ会社)になっていくかもしれないけど潰れるまでは時間があるから、しばらくこのぬるま湯につかっていようと思うか、さっさと見切りをつけて、別の会社に行くか・・。

 

難しい判断ですけど、正直リスクは変わらないです。

 

だって、そういうゆでガエル化の過程にあるかどうかなんて、外からでは絶対にわからないですもの。

 

転職した会社が、実はもう沸騰直前のぬるま湯だった。

 

そんなこともあるので気をつけましょう(笑)

 


仕事のことカテゴリの前の記事

arakan-pgm-ai.hatenablog.com