アラカン"BOKU"のITな日常

文系システムエンジニアの”BOKU”が勉強したこと、経験したこと、日々思うこと。

少子高齢化の対策ばかり目がいくと人口爆発に足元をすくわれる!なかなか悩ましいです。

少子高齢化問題という言葉をよく見かけます。

 

これは、とても悩ましい問題です。

 

なんとなく、日本だけが少子高齢化で悩んでいるように、つい思ってしまうのですが、実はそんなことはないんですね。

 

世界の先進国の共通の問題みたいです。 

f:id:arakan_no_boku:20170709161409j:plain

ランキング&比較特集

 

それにしても、上記のサイトのまとめ方はうまいですねえ。

 

関連する数字がコンパクトに網羅されていて、知りたいことがワンストップでわかります。

 

見習いたいですね。

 

話を戻します。

 

こういう情報を元にした、自分なりの解釈はこんな感じです。

  • 先進国では少子高齢化が進み人口は減少するが、地球規模で見ると人口は増え続け、同時に人口爆発の問題もなくなっていない。
  • 地球規模で見た時に人口は増え続けるけど、子供の数の増加より、高齢者の増加の勢いが強すぎて、世界中で人口に占める高齢者の比率が非常に大きくなってしまう。

 

まあ、一言で言えば、「未来では、地球上が爺さんと婆さんに埋め尽くされる・・」みたいな感じになるんですかね。

 

少子高齢化人口爆発が同時進行ですすんでるから。

 

うーん、なんか、嫌ですね。

 

でも、現実でしょうね。

 

なお、人口が増える人口爆発がなんで問題なのかは、こちらのサイトにまとめてくれてます。

www.chikyumura.org

 

でも、まったく性質の異なる問題なのがやっかいです。

 

少子高齢化は、労働力の確保とかの「経済問題」や年金・医療費負担などの「社会保障問題」です。

 

対して、人口爆発は純然たる「地球環境問題」です。

 

経済・社会保障の問題と、地球環境問題は、まさに水と油。

 

トレードオフの関係です。

 

といって、どちらを優先すべきか・・なんて決着がつくわけはありません。

 

子供を産むか産まないかなんてことを、工業製品みたいにコントロールできるわけもありませんしね。

 

だから、個人的には思うんです。

 

流れにまかせるしかないよなあ・・と。

 

そうして、地球規模で対策をうつしかないですよ。

 

小手先の対策はしょせん時間稼ぎにしかならないと思います。

 

例えば、子供の数に手当をだすとかみたいなバラマキは、政治家の手柄にはなるかもしれませんけど、本質的な問題解決につながるとはとても思えません。

 

自分は今の先進国に広がる出産率の低下は、女性が「子供を産んで育てる」以外の生き方を選択する自由が広がった結果じゃないかと思ってます。

 

結婚して、子供を産む。

 

それも幸せかもしれないけど、私には一度きりの人生で、もっとやりたい事がある。

 

そんな女性が増えたんじゃないかと。

 

だとしたら、本来は喜ぶべきことじゃないですか。

 

だから、人口ピラミッドを維持するために必要な若い層を増やすのなら、移民を積極的にうけいれて、今のアメリカみたいに、多民族国家的になっていく以外の道はないです。

 

たぶん。

 

人口増加に伴う食料不足は、植物工場みたいな感覚で、人工知能とかあらゆる技術を駆使して、農業・漁業・畜産業の生産性をあげていくことで補うしかないです。

 

そうして、民族がシャッフルされていって、地球規模で安定していくという感じを目指していくことになるような気がします。

 

好むと好まざるにかかわらず・・ですね。

 

世界史なんかの本を読むと、昔はもっと小さな単位の国があって、権力者がいて、争いをくりひろげていたのが、だんだんと統合されていって、今の世界地図の形になっています。

 

でも、もっと長ーーいスパンの人類の歴史の中では、実は今の状態も単なる通過点で、もっと国が集約されて、それこそ今の大陸くらいの単位で国としてまとまってバランスしていくようになっていく気もするんですよね。

 

なんだかんだ言って、人間は優秀です。

 

本当に危機が迫ってきたら、それなりに協力しあって、乗り越えていく潜在力は絶対もっている。

 

そんな気がしてるからなんですけど。

 

希望的観測だと言われるかもしれませんけどね。

 


社会のことカテゴリの前の記事

arakan-pgm-ai.hatenablog.com