アラカン"BOKU"のITな日常

文系システムエンジニアの”BOKU”が勉強したこと、経験したこと、日々思うこと。

亭主関白?男らしさ?女らしさ?・・そんな固定観念はいらない。

図書館に行くので、休日に、近所を歩く機会が増えました。 

 

それで、今更ながらに気づいたことがあります。 

 

仲の良さげな若い夫婦が増えましたねえ。

 

重たい荷物は夫が持ってます。

 

赤ちゃんも男親が抱っこしてる方が多いです。

 

電車でも、妻を座らせて夫の方が立っています。

 

もちろん、100%ではありませんけど。

 

夫の方が妻に対して優しいというか、気をつかっていることがわかる夫婦が増えましたよね。

 

いやあ・・、進歩したなあ。

 

本来の姿だよなあ・・と思います。

 

自分らが子供の時は、ちょっと違いました。

 

とにかく「男は仕事、女は家庭で夫を支えるものだ。」とか、「男らるもの」「女たるもの」みたいな、画一的な固定観念ばかり、聞かされてました。

 

亭主関白って言葉もまだ市民権がありましたしね。

 

歌でも「関白宣言」なんて歌が流行したりですね。


関白宣言

 

自分は歌詞が嫌いでしたけど。

 

とにかく。

 

仕事をしてるから、夫が一番偉いんだ。

 

だから、お父さんは家では何もせずに威張ってればいいんだ。

 

家事を手伝ったりするのは女々しいことだ。

 

なんて、事あるごとに、周囲の大人に言われるわけです。

 

結婚する時ですら、「女は最初にガツンとやっとかないと駄目だぞ!」なんてアドバイスをしてくる「人生の先輩」がたくさんいて、対応に困りました。

 

自分には全然ピンと来ませんでしたから。

 

もともと、かなり天邪鬼で、みんなが左を向いたら右を向きたくなるような人間だったこともあるのかもしれませんが、「なんで、好きで結婚すんのに、わざわざ喧嘩腰で家にいないといけないんだよ!」という当時の思いは、我ながら真っ当だったと、今でも思います。 

 

とにかく、男も女も関係なく「家」っていうのは、世界中で一番リラックスできる場所でないといけない。

 

これが当たり前だと思ってます。

 

だいたい、男親が威張って何もせずにいる家庭の女親がリラックスできているわけないですよね。 

 

もちろん、そういう風に夫を支えるのが好きだという女性がおられるのも知ってますが、それは特別な人ですよね。

 

夫も妻も「家」でリラックスできる。

 

お互いに「素のまま」でいられる。

 

それがとにかくベースでないといけないです。

 

そうでなければ、夫が帰ってくるのを妻が面倒だからと嫌がる・・とか、夫が家に帰りづらいから残業する・・とか、本末転倒なことになってしまう。

 

そう、ずっと思ってました。

 

ただ、自分らの世代では、そういう考え方は極少数派です。

 

男社会の中で、そういうことを言うと、「考え方がおかしい」とか「女に良い顔しようとしてるだけだろ」とか、当然のように言われるのが普通でしたね。

 

でも、今の若い世代はそういうことはなさそうですよね。 

 

などと書くと、「そんなことはない!」と怒る人もいそうですけど、そこはご容赦くださいね。

 

少なくとも、自分の目からはそう見えてます。

 

そういうことなので。

 

たしかに日常に見かける夫婦の様子だけを見てるだけなので、あまりにも少ない情報です。

 

それでも、ふと交わす視線とかさりげなく妻を気遣う仕草とか、そういう細かい動作のひとつひとつが、自然な感じがすることが、何百もの統計数値や論文よりも雄弁に語ってくれているように思えてしまうんですよね。

 

小さいことかもしれませんけど、大事なことだなと。

 

社会全体を見ると、将来に向けて、色々と課題・問題も多いです。

 

けど、少なくとも、確実に改善されていることはある。

 

そう、思えるのは、どんな小さなことでも嬉しいです。

 

個人的には。

 


生きるカテゴリの前の記事

arakan-pgm-ai.hatenablog.com