アラカン"BOKU"のITな日常

文系システムエンジニアの”BOKU”が勉強したこと、経験したこと、日々思うこと。

法定休日や連休はきちんとお休み!!労働基準法準拠で送信してくるスパムメールってどうよ?

スパムメール

 

最近、スパムフィルターの効果で少なくなりました。

 

自分には、ここ、半年位はほとんど来ていないですね。

 

でも、1年位前までは1日に必ず10通くらいは来てましたね。

 

当たり前の話ですが、スパムメールは犯罪です。

 

騙される人の確率は低いみたいなんですけど。

 

例えば、1250万通に1人とか、200万通に1人とか、結構調査によってばらつきがあるみたいですが、まあ、めったにいないということには違いありません。

 

だから、それでも儲けが出るように、スパムメールを送る側は、馬鹿みたいな量のメールを発信するみたいなんですね。

 

仮に、メール200万通あたり、10000円平均しか儲からなくても、メールを10億通送れば 500万円、20億通送れば1000万円になるとか・・そういう商売みたいです。 

japan.norton.com

 

詐欺とかの犯罪行為以外にもネットの資源を無駄に消費されているという点で考えても、腹立たしいですよね。

thebridge.jp

 

ただ、実に不謹慎なんですけど、このスパムメールに関して、家族で爆笑したことがありました。 

 

ご存知の通り、スパムメールには幾つかのパターンがあります。

 

女の子を装って、ちょっとエッチな誘いをかけてくるパターン。

 

相続してほしいとか、当選したみたいなお金でつるパターン。

 

宅配便を装ったりして、勘違いを誘うパターン。

 

などなど。

 

それが、なんとなくローテーションしつつ、ちょっとずつメールのタイトルの付け方や文面が変化してくるわけです。

 

例えば、女の子を装うパターンでも、最初いかにも少女っぽい感じで来てて、反応しないと、寂しい人妻風になって、お金と暇を持て余した熟女風になって・・みたいに、変化していくんですね。

 

それをネタにして、家族と次はどのパターンで来るかを予測して当てっこしてたころがありました。

 

たとえば、「最近、女の子シリーズで反応ないから、次はお金で来るんじゃないか」とか「いや、女の子シリーズ継続で年齢層を変えてくるんじゃないか」とかですね。

 

それで、どんな内容のスパムメールが何日に来たのかをメモしてた時期があったんです。

 

そうすると、面白いことに気づきました。

 

自分のところに来てたスパムメールって、日曜と祝日には届かないみたいなのに気づいたんですね。

 

あれ、ちゃんと休日にはお休みしてるんだ・・。

 

そう思って、5月の連休(ゴールデンウィーク)に注目してると、どうもそこもちゃんとお休みしてるっぽい。

 

それで、まさかと思って、届いているメールの送信時刻とか見ても、どうもちゃんと9時-18時くらいの時間帯で送ってきているみたいなんですね。

 

これに気づいたときは、家族で爆笑でした。

 

犯罪まがいのことをしながら、労働基準法は守ってるんだな・・と。 

 

でも、すぐ、これって、相当嫌だな・・と気づきました。

 

労働条件的にはブラックではないので、喜んで就職してみたら、配属された仕事がスパムメールの作成と送信でした・・・って、そんなこともあるかもしれないって事じゃないですか。

 

探すと、こんな記事もありましたし。


これから、転職先を探すこともありますからね。

 

気をつけないとなあ。

 


その他もろもろカテゴリの前の記事

arakan-pgm-ai.hatenablog.com