アラカン"BOKU"のITな日常

あれこれ興味をもって考えたことを書いてます

事実上の移民という意見も!外国人労働者無しにはまわらない現場・・。政府も本音で考えてほしい。

東京でお店にはいると、外国人の店員さんだらけです。

 

日々、確実に増えています。

 

牛丼屋でも。

 

コンビニいっても。

 

日本人の店員さんがいる方が珍しい業種もあります。

 

介護や福祉の現場も、そうらしいです。

 

日本人の労働者が不足しているので、苦肉の策として外国の人を雇わないと、なりたたない現実があるんですね。

 

でも、不思議に思うことがあります。

 

日本って基本的に移民とかの受け入れには超厳しい国のはずです。

 

一応、在留資格を認定する制度がありますが、そこでも就労可能な職業の制限があって、その中にコンビニ店員とか牛丼屋などの接客業などはなかったはずなんです。

 

どうなっているのかと思って調べてみると、なるほど・・、ちゃんと「資格外活動許可」という抜け道が用意してあるのですね。

koyou.acroseed.com

 

いかにも、日本のお役所らしい・・というのでしょうか。

 

まあ、現実問題として、少子高齢化によって労働力人口が減少しているのは、疑いようもないです。

 

実際に、コンビニ・外食産業・物流センター・介護・福祉・農業・業業など、以前は日本人の若いアルバイトなどに依存していた現場で、人が集まらなくなっているのも、誰でも知ってます。

 

だから、外国人労働力を受け入れないと、人手不足で現場がまわらないという業界の事情もわかります。

 

そういうことなので、働いていただけるのは有り難いんですが、抜け道みたいなやり方ってのはいただけないですねえ。

 

一時的には仕方ないんですけど、並行して、外国人労働力を積極的に受け入れていく=移民政策をどうしていくかみたいな話が、政府の課題としてでてきてないとおかしいと思います。

 

でも、そういう話は、とんと聞きません。

 

なんとなく理由の想像はつきます。

 

多分、選挙で不利になるからじゃないですかね。

 

何と言っても、選挙の投票率も人口も多い高齢者層は、基本外国人を日本に受け入れていく話には拒否反応を示す人が多いみたいですし。

 

だから、公式には移民受け入れは厳しく制限してますよという建前はくずさずに、裏では抜け道をいっぱい作って、留学生や技術研修生みたいな名目で外国の若い人を受け入れて、安価な労働力として現場に供給できるようにしている。 

 

それでいいんでしょうかね。

 

現実には、そんな抜け道でも外国人労働者はどんどん増えていて、2016年では230万人(人口の3%)にまでなってきているそうです。

www.jiji.com

 

 まあ、それでも、うまくいくなら良いのですけど、普通に考えても、いくつかの懸念が浮かびます。

 

ひとつは、本来来てほしい優秀な人材に見放されるんじゃないか・・ということ。

 

今や、優秀な人材はグローバルレベルで争奪戦の様相を呈しているはずなんですけど、きちんと移民として受け入れてくれる制度のない国をそういう人たちが選んでくれるのですかね。

 

もうひとつは、なし崩し的に、例外的に就労する外国人労働者が増えて、制度が整備されないままに、「事実上の移民」が増えていくという事態にならないのか?という危惧です。

 

事実上の移民が増えて、近隣の日本人住民との軋轢や犯罪などのトラブルが表面化してから、あわてて、移民問題の議論を始めるみたいに後手にまわってしまうのが、最悪のシナリオだと思うんですよね。

 

もっとも、そこまで問題を先送りしたほうが、今は知らん顔できるからいいんだなどと政治家の人たちは考えているのかもしれませんが・・いや、そこまで腐ってないと信じたいですね。

 

いずれにしても、少子高齢化は止まらないです。

 

だとすれば、きちんとした移民政策をとって、日本を好きになって永続的に働いて、納税や社会保障の責任も共有してもらえる人たちを、受け入れるのも、対策の一部としては絶対はずせません。

 

だから、早めに検討を始めるべきですし、移民省みたいな組織も必要になってくるはずです。

 

だいたい、本音と建前使い分けて、例外的に働かすだけ働かそうなんていうのは、外国の方い対しても失礼だと思いますしね。

 


社会のことカテゴリの前の記事

arakan-pgm-ai.hatenablog.com