アラカン"BOKU"のITな日常

文系システムエンジニアの”BOKU”が勉強したこと、経験したこと、日々思うこと。

少子高齢化はポジティブなことなんだ!まず、そこから始めないとダメだと思う。

少子高齢化

 

すっかりネガティブな言葉として定着してます。

 

そりゃそうですね。

 

人口が減少する。

↓ 

労働人口が減って人出不足がおきる。

 ↓

経済成長が停滞する。

 ↓

社会保障が成り立たなくなる。

 

こう考えてしまうと、いいことは何もありません。

 

出生率が低下するのは、本当に悪いことか?

 

少子化の原因は、合計特殊出生率の低下です。

 

合計特殊出生率とは「一人の女性が一生に産む子供の平均数」のことです。

 

合計特殊出生率2.07位が人口の増加減少の分岐点らしいですが、今の日本だとだいたい1.4位とのことです。.

 

子供の生まれる数が減るのは大変だ!

 

出生率をあげないといけない。

 

メディアでも、だいたい、そんな方向性です。

 

 

でも、考えてみれば昔は「女は年頃になれば結婚して、子供を産んで育てるものだ」みたいな考えが社会に蔓延してました。

 

今は違います。

 

男性と女性の平等化が進んで、女性がより自由になって生き方の選択肢が増えてます。

 

今は、結婚して子供を産んで育てる以外にも、たくさんの選択肢があるのです。

 

子供を産むより、より極めたいと思うものがあれば、それができる。

 

それが悪いことであるわけがありません。

 

みんなが長生きできるようになるのも悪いわけがない

高齢化だって、同じです。

 

長生きの人が増えているということですよ。

 

絶対悪いことではありません。

 

医療の進歩や平和で豊かな社会を構築できている証拠ですから。

 

だから、本来ならば。

 

日本も先進国となり、十分に自由で成熟した文化を持つことができるようになった。

 

その証拠として、少子高齢化が進んでいる。

 

それ自体は悪いことではない。

 

そこから話をスタートしないとおかしいような気がします。

 

とはいえ、確かに問題はある

 

人口が減るということは実にやっかいな問題です。

 

社会・経済的な問題がたくさん発生します。

 

簡単に解決できる問題でもないです。

 

前例がありませんしね。

 

でも。

 

少子高齢化を「ネガティブ」にとらえて、「子供が増えなければもうダメだ・・」という固定観念でがんじがらめになって考える。

 

少子高齢化を「ポジティブ」なものだと考えて、その状態を正として、どういう風に世の中の仕組みを変えていけば、社会的な問題を回避できるかと考える。

 

この両者が同じなわけがありません。

 

絶対、これからは後者の考え方でいかないといけない。

 

自分はそう思います。

 

高度成長期の成功体験はもう忘れよう

 

とにかく、高度成長期の成功体験はもう忘れないとだめです。

 

あれは、人口がどんどん増えていくのが前提ですから。

 

同じように、今の社会保障制度も一度完全に見直さないといけません。

 

同じ理由で。

 

だから、高度成長期の成功体験を、まだ引きずっているとしか思えない政府や今の偉い人達・・には、ちょっとがっかりです。。

 

それどころか、人口が増えないのは女性のせいだと言わんばかりの、女性蔑視発言をする人までいるのに驚きます。

 

ふざけんじゃないよ!

 

だいたい、もう何十年も前から、こういう少子高齢化社会が来るのは予測できてたはずです。

 

それなのに、何の手も打てなかった自分らの能力不足を、素直に反省するならともかく、女性になすりつけて誤魔化してんじゃないよ!

 

というのが正直な気持ちです。

 

対策は難しいです。

 

はっきり言って。

 

繰り返しになりますが、前例がありませんから。

 

それでもやらなければいけない。

 

そうしないといけない節目がきている気がしますね。

 


少子高齢化カテゴリの記事一覧はこちらです

arakan-pgm-ai.hatenablog.com