アラカン"BOKU"のITな日常

文系システムエンジニアの”BOKU”が勉強したこと、経験したこと、日々思うこと。

支持政党なしが増加!!でも仕方ないです。だって、政治家全体の信頼が揺らいでいるものね。

支持政党はどこですか?

 

アンケートとかで質問されると困るんですよね。

 

毎回、ありませんと答えてます。

 

それが、癪なんです。

 

なんか政治に無関心で考えてない人みたいに思われるしね。

 

正直、政治に無関心ではないです。

 

新聞も毎日読んでますし。

 

将来の日本がどうなるか?

 

今後の日本をどうしていくのが、最も良いのか?

 

などを考えないわけじゃないです。

 

ただ、ひいきすべき政党が見つからないだけです。

 

だから、選挙もつまらんのです。

 

義務感で投票には行きはします。

 

でも、誰に投票するかを決めるのは、正直、消去法です。

 

この人だけは嫌だ。

 

とバッテンつけていって、残った人にいれるみたいな。

 

その「嫌だ」の理由も、選挙カーの声がうるさかったからとか、なんとなく今はこの党(自民党とか)に入れたくないから・・とか、ホントにその程度の理由です。

 

よくないなあ。

 

自分でも思っているのですけどね。

 

何故、ひいきにできる政党が見つからないか?

 

率直に言えば、信頼できない感じが拭えないからです。

 

どんな言葉で語られても、まったく、心に響きませんし。

 

なんでしょう。

 

八方美人の人を見ているような気になります。

 

その時の国民の関心を集めて、選挙の票につながりそうなこと。

 

そればかりに意識がいっている。

 

ようするに、人気取りですよね。

 

人からどう見られるかを考えて、融通無碍に動いているだけに見える人たちに思い入れを持てるわけないな。

 

そう思ってます。

 

なんか、悪循環がおきてる気がします。

 

選挙にお金がかかりすぎるんですよね。

 

選挙の供託金とか、ポスター費用とか、そんな一時的なお金だけでなく、地元に帰って、顔を売ったりする様な普段の活動にも、相当なお金がかかるんじゃないですかね。

 

自分ひとりでは、こなしきれないので、秘書も雇っているみたいですしね。 

 

このサイトによると、選挙に立候補するお金の目安で、参議院選挙とかだと6000万円らしいです。

 

ちょっとかかりすぎでしょ!と思いませんか?

senkyo-rikkouho.com

 

こんなにお金がかかるならば、よほどお金持ちでないと、立候補すらできません。

 

立候補できても、選挙に落ちたら、ただの人・・なんて、身分保障もままならないみたいで、相当ハイリスクですしね。

 

それでも、議員になると、結構儲かるみたいです。

 

どうやって儲けるのか、そのカラクリはよくわかりませんけど。 

 

たぶん、政党や政治家がお金を集める、なんらかの裏のノウハウみたいなものがあるんでしょうね。

 

だから、勢い、もともと政治家の家系とか、政治家の秘書とかをしてた人みたいな、そういうお金を集める仕組みを知っている人間ばかりが幅をきかすことになります。 

 

かつ、選挙に落ちたら大変だから、人気取りに意識を向けざるをえなくなる。

 

悪循環ですねえ。

 

一般的な国民と感覚がずれてくる、心に響かないのも当たり前です。

 

そう思います。

 

どうしたら良いのですかね。

 

せめて、能力があって、やる気のある人なら、お金のリスクをあまり負わないで立候補できるようにしたいですよね。

 

インターネットとかを使って、予備選挙をやって、主張などの支持を集めた上位何名かは賞金かわりに、選挙費用をみてあげるとか。

 

テレビの番組とかで、スター誕生みたいに、候補者選抜番組をするとかですね。

 

そしたら、もっと若くて、能力とやる気のある人が、政党や地元のしがらみに囚われずに活動できるんじゃないかとか。

 

そんなことを考えてしまいます。

 


社会のことカテゴリの前の記事

arakan-pgm-ai.hatenablog.com