アラカン"BOKU"のITな日常

文系システムエンジニアの”BOKU”が勉強したこと、経験したこと、日々思うこと。

北朝鮮のミサイル発射!!で、都度、日本のマスコミが騒ぐのを喜んでると思うと、また腹が立つ。

北朝鮮のミサイル発射。

 

最近、頻繁です。


怖いですね。


いい加減にしてほしいなと思います。


まあ、むこうにも言い分はあるんでしょうけど。

 

相当な綱渡りをしてるらしいのもわかります。


アメリカと本気で戦争しても、ビビって振り上げた手をおろしても、どちらの選択肢でも、自分たちは滅ぼされる。

 

だから、相手に戦争開始の口実を与えないギリギリのラインで駆け引きしてる。

 

これが外交だ。


そんな風に思ってるように、自分には見えます。

 

まあ、1ミリだって共感はしませんけどね。

 

そもそも、国民を餓死させていて、自分ひとりがコロコロに太っている。

 

この事実だけでアウトです。


それに、このニュースが、嫌な理由は、個人的にもうひとつあります。

 

昔の嫌な経験を連想させるから、二重に苦痛なんです。

 

その経験とは、クレーム処理なんですけどね。


一般的には、クレームは実はありがたい事だという認識の方が強いです。


製品や対応の至らないところを指摘いただくことで、自分たちでは気づけない改良のヒントをいただけている。


応援しようとする気持ちがあるからこそ、あえて言っていただいている。


そういう解釈ができますから。


でも、ごく一部ですけど、全くありがたくないクレームもあります。


クレームにかこつけた金銭狙いってやつですね。


保健所に届け出るぞ・・とか、マスコミやネットに悪評流す・・とか、こちらは被害者で、とても憤っているから、そうしたいと思っている。


でも、そうなるとお宅も困るだろう。


それも本意じゃないから、誠意を見せてくださいよ・・。

 

的な感じで言われます。


直接的に「金を出せ!」って言いません。

 

そう言ってもらえれば、恐喝で訴えることもできるので、逆にやりやすいのでが、相手も知っているので、それはしません。


誠意を見せてくれ・・というだけです。


これも面倒ですが、まあ、よくあるパターンでもあります。

 

嫌な記憶として残っているケースは、もうちょっと怖いプラスαがついてました。


まず、家の雰囲気が最初からおかしかったです。


やばい雰囲気って言うのでしょうか。


かつ、通された部屋は大きな部屋が襖で仕切られていて、襖のむこうには何やら数人の人の気配がしてました。


嫌でしょ?

 

それでも、仕事なので、いつもの様にお詫びをはじめました。

 

お金を渡して収める選択肢は最初からありません。

 

そもそも、自分は下っ端なので、そんな権限もありません。


ただただ、申し訳ありませんでしたと頭を下げるだけです。


その時です。

 

自分が、相手にとって都合が悪いであろうことを言いかけると・・

 

襖の向こうで、なんかを蹴り上げるような大きな音が突然するんです。


それも一度ではなく。


しゃべりかける度に「どおん」「どおん」って。

 

それに時々「うぉらー!」みたいな低い怒声がまじってましたかね。


びっくりして、上目づかいに、相手を見ると、ニヤニヤした表情をしてます。


脅されてる・・。

 

そう思いました。


でも、実際におきていることは、単に家の中で声と音がするだけなんですよ。


警察に行っても、多分、まともに聞いてももらえません。


正直、怖かったです。


その時は、それでも、なんとかかんとか、その場をしのぎ切って、お詫びと購入代金の返金で乗り切れましたけど、ホント、冷や汗ものでした。


この時の「どおん」「どおん」の音が、北朝鮮のミサイルとダブるんです。


つごうが悪くなると「どおん!」

 

でも、警察に言っても無駄だよ・・。

 

ね・・。

 

だぶりませんか?

 

その経験から感じることがあるんです。

 

正直言えば、今の日本は相手の思惑にはまっていると思います。

 

特にマスコミが。

 

テレビのニュースで北朝鮮のニュースがじゃんじゃん流れるのは、まさしく、むこうが望む通りだと思いますよ。

 

たぶん。

 

何故かというと、襖のむこうの「どおん!」の目的は、相手に過剰反応(例えば、怖がらせて)をさせて、実際に暴力をふるったり、直接的な脅し文句を言うのと、同等の効果を生む事だからです。

 

そうすれば、自分はリスクをおわずに、利益だけを得られますから。

 

だから、襖のむこうの「どおん!」は、聞こえないふりするしかないんですよ。

 

もしくは、聞こえていても、落ち着いて気にしていないフリをするしかないんです。

 

だから、政府も、マスコミも騒ぎ過ぎちゃだめです。

 

そうやって騒いでるを見て、喜んでると思うと、また腹が立つしね。

 

表面的には余裕を見せて、騒ぎすぎない。


そして、裏ではしっかり最悪にそなえて準備をする。 

 

そうしないといけないと思いますよ。

 

それにしても。

 

国が違えば、考え方が全く違う人間がいっぱいいますねえ。

 

外交って難しいですよねえ。

 


社会のことカテゴリの前の記事

arakan-pgm-ai.hatenablog.com