アラカン"BOKU"のITな日常

文系システムエンジニアの”BOKU”が勉強したこと、経験したこと、日々思うことを書いてます。

半年に一回の人事評価面談での褒め言葉より、日頃、ちょっと褒めてもらう方がうれしいに決まってる。

人事評価というイベントを、評価される側から考えてみます。 

そうすると、これもまた、めんどくさくて、かつ、つまらない。

まったく困りものなのです。 

建前的には。

半年・1年の活動の評価を受けて、自分の仕事を見直したり、モチベーションを改めて得る重要な業務・・なんですが。 

現実には、単なる、半年に1回あるめんどくさい手続きにしか感じていない人も、結構いるんじゃないかと思います。 

自分もそうでしたし。

 

人事評価はなんで、つまらないか?

 

自分の考える一番の理由。

それはサイクルです。

半年に1回?

ハアッ・・って感じです。 

だって、自分が半年間にどういうことをやったか? 

そんなことを細かいところまで覚えているわけないじゃないですか。 

ましてや、評価する上司が覚えているわけはない。 

それを、評価票に書かなきゃいけないので、一生懸命思い出そうとする。 

しかも、いい加減に書くと、突っ込まれるので、それなりに根拠がいります。

 正直、面倒くさいし、無駄な時間だなと思います。

 半年前に書いた目標なんかを見ながら、「ああ、あの頃はこの仕事してたから、こんな目標たてたよな・・」なんて、思い出にひたっても、何の生産性もありません。 

目標を書いた時と評価する時と状況が一緒・・そんな暇な会社があるんですかんね? 

たいてい、半年も経てば状況は変わってます。

目標が変わっているから、評価もかきづらい。

そうすると。

今度は、とりあえず辻褄をあわせて、どう書くかという「作文」の問題にすり替わっしまいます。

 

そんないい加減な評価を元に、面談をしてくれても、ねえ。

 

上司側も「とりあえず、なんか言わないといけない」から、コメントをひねり出し、こちらも「とりあえず、なんか言わないといけない」から、要望や意見をひねり出す。

たいていの面談はそんな感じです。 

時間がたちすぎなのです。

褒めるにしても、注意するにしても、その記憶が新しいうちにしてくれよ!・・これが本音です。

 日頃にタイムリーに褒めてほしいし、間違ってたら叱ってほしい。

 その時に必要だったら、面談をしてほしい。

 それを記録して、評価として人事記録に残せばいいじゃないか。

 面倒かもしれませんけど。

 それが管理職の本来の仕事でしょ。

そう思うわけです。

部下のモチベーションがどうのこうの言うならね。

それくらいやりましょう。

仕事以外の例をあげてみます。

例えば、晩御飯で「今日はいつもよりもおいしく作れた」と思っている時に、食べた人が「今日はおいしいね!」と言ってくれると、めちゃくちゃ嬉しいです。

 そうすると、別に見返りがなくても、また料理を作ろうというモチベーションがわく。

 ところが、黙って何も言わずに食べられると、それだけで相当苛立ちます。

 なんだ!もう作ってやるもんか!と思うかもしれません。

 それを、半年くらいたったある日、半年間の総括として、「この半年間の料理は概ねおいしかった。評価はBだね」と言われて、どうなんだという話です。

 それでも嬉しいのは嬉しいでしょうが、たぶん「今更言うくらいなら、食べてすぐ言えよ!」と思う方が多いんじゃないですかね。

変な例ですけど、そういうことです。

プライベートでやったらおかしいと思うことを、会社だからってやるなよな。

そう思う人がいないのが不思議ですねえ。

ほめるのは。

ちっちゃいことでも良いのです。

 今までできなかった事が、こなせるようになった。

 前回失敗したプレゼンを今日はうまくできた。

 お客様から、自分がしたことでお褒めの言葉をもらった。

 そんな時に気づいて、「よく頑張ったね」と一言褒めてもらえれば、半年後に面談で1時間褒め倒してもらうよりも、はるかに嬉しいし、モチベーションもあがるのです。

 評価制度とか、難しいことを考えるより、こういう人間の基本的なことを、まずきちんとやることを考えようよ・・。

 それをしないのは、人事部や経営層の手抜きなんじゃないのか。

 こんなにIT技術もすすんでて、本気になれば、やれるはずなのに。

 そんなことを思う・・今日このごろなのです。