アラカン"BOKU"のITな日常

文系システムエンジニアの”BOKU”が勉強したこと、経験したこと、日々思うこと。

時間外月300時間の労使協定!!誰か死ぬよ・・。法の抜け穴もいい加減にしないと。:働き方について

あきれて物も言えません。

 

時間外月300時間の労使協定って、何なのでしょうねえ。

 

時間外が300時間ということは、法定労働時間の上限が約171時間~177時間位だから、月間労働時間約470時間以上ってことですよね。

 

1日も休まず、31日間出勤したって、1日平均15時間以上の労働。

 

法定休日の4日休んで、27日間出勤なら、1日平均17時間以上の労働ですよ。

 

15時間以上の労働ってことは、朝7時から深夜の22時より遅くまで働いているわけですよ。

 

1日の休みなく。

 

17時間労働になったら、毎日午前7時から深夜の24時より遅くまで働いてるってことですよ。

 

通勤時間を考えたら、「いつ眠るんだよ!」って感じです。

 

こんな馬鹿げた労使協定を結んでいたのは、国立循環器病研究センター です。

www3.nhk.or.jp

 

国立で、しかも病院なんですね。 

 

働いているのは、医者とか看護士でしょ。

 

疲れ果てた体で、患者を診てほしくないですよね。

 

もし、手術中に「ちょっとウトウトして、間違って血管切っちゃった・・」なんて殺されちゃったら、誰に責任とってもらってもうかばれません。

 

いや、そもそも、日本には労働基準法があります。

 

時間外時間の上限の規定もあるはずです。

 

 

なんで、こんなことが可能なのか?

 

そこが悩ましいところです。

 

繰り返しになりますけど、法律で時間外時間の上限を守らないといけないことになっているのは間違いないです。

 

その上限は、だいたい、1ヶ月の場合は45時間、1年の場合は360時間です。

 

これを守らないと労働基準法32条違反になるわけです。

 

ところが・・ですね。

 

法律には抜け道が用意されてます。

 

特別条項ってやつです。

 

特別に忙しい時とかには、労使で36協定を結ぶさいに、特別条項を適用すれば、上記の上限時間を超えてもよいことになってます。

www.roukitaisaku.com

 

忙しくてどうしようも無い時は、特別条項を使って、例えば50時間とかに1月だけなっても目こぼししてあげるよ・・ということですね。

 

そして、この超えてもよい時間には上限が決まってないんですね。

 

性善説なんですね。

 

そこまでガチガチに決めなくても、それほど無茶はしないだろうってね。

 

ところが、それを逆手にとる非常識な輩がいると、こうなる。

 

典型的ですね。 

 

どんなに素晴らしいルールを決めても、抜け道や例外を良かれと思って用意すると、必ず悪用するヤツが現れて、結局、罰則をどうするとか、管理をどうするのか・・とかみたいな本末転倒な話になって、崩れていくという。

 

悲しいですねえ。

 

ごく一部の大馬鹿者のために、本当に必要な人のための配慮が逆手にとられるのは。

 

とはいえですね。

 

こういうことになるリスクがわかったんだから、抜け穴は塞いでおいてほしいです。

 

難しいなら、特別条項なんかやめてしまう方がいいかもしれません。

 

改めて、そう思いましたね。

 


働き方についてカテゴリの記事一覧はこちらです。

arakan-pgm-ai.hatenablog.com