アラカン"BOKU"のITな日常

文系システムエンジニアの”BOKU”が勉強したこと、経験したこと、日々思うことを書いてます。

ニア過労死?本当に疲れたら、歩いたまま眠ってしまったりするんです!実際に体験しました。

実は。

自分も過労が原因で死を感じる経験をしたことがあります。

今でこそ、定時退社を原則にして働いてますけど、40代なかば位までは、結構無茶な働き方をしてましたからね。 

22時、23時当たり前!徹夜上等!みたいな・・。 

その考えが変わったキッカケは2つあります。 

ひとつは、ストレス臭で身体がトイレの臭いになったこと。

arakan-pgm-ai.hatenablog.com

 もうひとつが、その過労が原因で死を感じた恐怖体験です。

 

月間450時間近く働いた月があったのです

 

当時、完全なデスマーチに陥っているプロジェクトの火消しを担当した時です。 

自宅からは遠くて通勤できないので、単身で会社にアパート借りてもらって、ひたすら仕事に集中せざるをえない環境でした。 

もう、本当にひどくて、まるまる1月休み無しで、徹夜の連続。 

1週間のほとんどは、会社のソファで寝てました。 

一応、管理職だったので残業手当はなかったのですが、自分で計算してみたら、月間450~500時間近い労働時間になったように記憶してます。 

それでも、アドレナリンが出まくっているし、比較的元気ではあったのですね。

 

歩いたまま眠って、そのまま道路を横断してしまった!

 

でも、そんなことを2~3ヶ月位続けてたある日です。 

客先に行く日だったので、シャワーを浴びて、まともな服装に着替えなきゃいけないと、アパートに戻ろうと歩いていた時でした。 

別にふらふらしてたわけではありません。

多少、体はだるいけど、元気いっぱいのつもりでした。

でも。

歩いている最中に、一瞬、目の前が白くなる感覚がしたのです。

で、気がつくと、明らかに目の前の風景が変わってました。

何が起きたかわからなくて、ボーゼンとしてたのですが。 

気をとりなおして、周囲を見渡すと、さっき自分の歩いていたはずの場所から、20メートル位すすんだ場所にいたんです。 

テレポーテーションしたような感覚です。

どうも、歩いている最中に瞬間的に眠って、そのまま歩いて道路を渡ってしまった。 

そういうことらしい。

気がつくと膝がガクガクと震えてしばらく歩けませんでした。 

たまたま、早朝で自動車も走ってなかったから助かりました。 

でも、もう少し遅い時間なら、完全アウトですからね。 

 

仕事の責任感より、命が大事です 

 

自分は運がよかったです。 

運の悪い人なら、ここで死んでるんだ・・。 

本気でそう思いました。 

そしたら、正直仕事で「こうしなきゃいけない」って思ってたことが、一気にどうでもよくなってしまったのです。 

そのプロジェクトも、その日のうちにスケジュール変更して、自分を含めてメンバー全員、極端な深夜労働禁止にしました。 

客先や会社から、ボロクソ言われましたけど、知ったことではありません。 

責任感はあるけど、命と引き換えにするほどの価値はありません。 

命が一番大事です。 

自分の命だけではありませんから。 

家族の未来も背負ってるんですから。

 

マイクロスリープというものらしいのを後で知りました

 

後で知ったのですが、マイクロスリープって状態だったみたいですね。 

f:id:arakan_no_boku:20170916105801j:plain

会議中とか、電車で座っている時とかに起きるなら、べつにどうということはありません。 

白い目で見られることはあるかもしれませんが、その程度のことです。 

でも、自動車の運転中とかにおきると、悲惨です。 

歩いてても眠ってしまうくらいなので、運転中にどんなに気をはってても無駄です。 

だって、意識が突然なくなる感じでしたから。 

最近、高速道路とかで、トラックが停車中の自動車に突っ込んだみたいな考えられない事故のニュースをよく目にしますけど、これも、マイクロスリープのせいじゃないのかなと個人的には思ってます。 

集中してないからだ・・とか、気持ちの持ちようのせいにする人がいますけど、そんな甘いものじゃないですよ。 

無茶な働き方はしちゃいけません。 

睡眠時間を削るようなことも、しちゃいけません。 

今は、本気でそう思ってます。