アラカン"BOKU"のITな日常

文系システムエンジニアの”BOKU”が勉強したこと、経験したこと、日々思うことを書いてます。

定年退職制度はもう古い。能力と意欲がある限りハンデなく働ける障害労働前提の制度で少子高齢化対策を。

定年退職は古い。

昭和の古き良き時代の遺物です。 

なのに、今だに残っている会社が沢山ある。

つくづく、日本ってのんびりしてるなと思うわけです。

 

改めて、「定年」って何なの?と考えてみたわけです。

 

定年って法律で決まっている制度なのか?

というと・・そんなことはなくて。

定年退職制度自体別になくてもいいのです。 

法律で決められていることは2つだけです。

  • 定年退職の下限年齢は60歳であること
  • 定年退職する社員が希望したら65歳まで雇用する義務が会社にはあること

定年退職制度というのは、会社側の都合です。 

まあ、昭和の時代には意味があったと思います。

会社自体が終身雇用前提で、会社は大きな家族みたいな感覚もありましたし。

年功序列賃金だから、年寄が多くなると、人件費が勝手に増える構図でしたから。

年寄りがずっと会社にいると、世代交代はすすまない。

年寄りが増えすぎると、人件費対労働効率もどんどん悪くなる。 

年齢で区切りを入れて、退場してもらわないとね。

 そう考えるのは当然ですから。

でもね。 

今はその前提自体が変わってるんですよね。

 

労働人口が減っているのにさ

 

かっての高度成長+終身雇用製の時代なら、定年退職に意味はありました。 

 

でも、それは終身雇用制度と、右肩上がりの経済成長を前提とする年功序列賃金。

そして人口増加を前提にした話です。

今や、その前提はひとつも残ってません。

もう、むかし話みたいなもんです。

特に労働人口の問題は大きいです。 

今や、少子高齢化で、15歳~64歳の人口ってガンガン減ってます。

f:id:arakan_no_boku:20171013194822j:plain

2017年8月労働力統計

新しく入れる若いやつなんて、いなくなってるんですよ。

 

時代が変わったら、やり方も変えていかないと

 

時代は変わりました。 

なのに、今まで通りのやり方をして、人手不足だと嘆いている。

あまりにも工夫がなさすぎるんじゃないか? 

そう思ってしまうわけです。 

とはいえ。

世代交代は大事です。 

だから、役職定年みたいな線引をして、その時に役割に応じた給与体系に転換する形でも、世代交代をはかることは必要です。 

でも。

在職させたままでいいと思います。 

別に60歳まで待たなくても、50歳とか、55歳とかでね。 

その後は経験を活かして、若い上司を盛り立てて頑張ってもらうというようにする。

65歳を過ぎても可能な人は労働力として残ってもらえるような制度を考える。

そういう発想の転換が必要です。

そういう意味では、定年後再雇用だっていいんですよ。 

でも、年金受給開始年齢があがったから、それまでの間お情けで再雇用してやるよ感が、制度設計に漂っている点が、「それは違う!」と感じる部分です。 

前向きに、経営課題である労働力不足をおぎなうソリューションとして考えなければいけないです。 

もちろん、労働者側の意識も変えないといけないし、かんたんではないですが、そういう考え方に変えていけない会社は滅びるくらいのことになってる気がします。

 

定年退職を転職の機会と考えればいいのかな

 

働く側の意識は、もう変わってますよ。

新しい仕事に挑戦するチャンスと捉えている人も増えてます。 

だってね。

体力も弱ってません。 

知力だった。

どうも、そう思う人は多いみたいで、シニアの起業ってはやっているみたいです。

www.seniorkatsuyou.com

60歳過ぎても仕事の意欲さえあれば、働く。

のんびりしたい人はのんびりする。

それでいいじゃないですか。

あとは、しょうもない年齢しばりなんか、法律も含めてさっさと撤廃すればいいんです。

世の中労働力不足なんですから。 

きちっと時代にあわせた働き方への変化をすすめている会社がこれからどんどんでてくるはずですし、そうしたら、世の中の役に立てる仕事、年齢に関係なく第一線でバリバリやれる仕事・・etc。 

これから、いっぱいでてくるはずですし。

結局ね。

働ける人・・働く意欲のある人は、何歳でもハンディなく働ける。

そういう風にしていかないと、少子高齢化問題に伴う諸々の問題は解決しません。

 

どんどん、そう思うようになってきますね。