アラカン"BOKU"のITな日常

文系システムエンジニアの”BOKU”が勉強したこと、経験したこと、日々思うこと。

命がけで仕事するなんて言葉は軽々しくつかってほしくない

最近、ニュースとか見てて、命がけで・・という言葉が妙に耳につきます。

 

俳優さんが「命がけで演技する」とか、歌手の人が「命がけで歌う」とかですね。

 

最近だと、橋幸夫さんの発言も話題になってましたね。

togetter.com

 

あと、ググってると、こんな感じのサイトもよく見かけます。

www.skincare-univ.com

 

まあ、言葉をどう使うかは自由なので、別に構わないんです。

 

でも、「命がけ」みたいな強い言葉は、あまり乱用しないほうがいいな。

 

というか・・安易に使ってほしくないかな。

 

個人的には・・ですけどね。

 

理由は2つあります。

 

ひとつは、例えば、消防士とか警察官とか自衛隊とか山岳救助隊とか。

 

文字とおり、命を落とすかもしれないリスクに身をさらしながらでも、やらねばならない仕事の人たちに失礼な気がするということがあります。

 

本当に言われている仕事が、「命を落とすかもしれないリスクに身をさらさないと、できない仕事」なんだろうか・・ということですね。

 

使う人の気持ちはわかるんですけどね。

 

要するに、仕事を真剣に一生懸命やっているか!ということを言いたいんですよね。

 

それはとても大切なことで、"BOKU"も、仕事はいい加減にやるべきではない!と思ってますから、同感です。

 

ただ、「一生懸命」と「命がけ」は全く違うのです。

 

仕事を一生懸命且つ真剣にするなら、不用意に自分の命なんかかけちゃ駄目なんじゃないか・・そう思うのが、ふたつめの理由です。

 

自覚してるかどうかは別にして、仕事をしてお金をもらっている以上、誰がなんといおうとも、みんな「プロ」なわけです。

 

プロだから、真剣かつ一生懸命に仕事に取り組むのは当たり前です。

 

そして「真剣かつ一生懸命」には、自分の体調管理も含まれているべきなんですよね。

 

自分の能力が最大限発揮できるようにするのもプロとして当然ですから。

 

たとえば、野球選手やサッカー選手が、大事な試合の前に夜遊びをしたり不摂生な生活をして体調をくずして、満足なパフォーマンスを発揮できなかったら、間違いなく「プロ失格!」と言われます。

 

サラリーマンでも同じことです。

 

自分自身のスキルをあげるための勉強時間を確保したり、自分の体調を良い状態に保つために睡眠時間を確保する。

 

これも大事な仕事なはずなんです。

 

それも会社だけでなく、もっとも大切な存在である家族に対しては、体調を良い状態にたもつことは最高に重要な仕事だと思います。

 

なのに、そこがわかっていないなと思える人をよく見かけます。

 

見るからに体調悪そうなのに、自分で仕事をかかえこんで長時間労働している人とか。

 

体調が悪い時や、長時間労働して、満足に働かない頭で仕事を続ける。

 

それが「真剣に一生懸命にやる」こととは、どうしても個人的には思えません。

 

ましてや、そうやって自分の体をいじめることが「命がけの仕事」だとも思えません。

 

自分にとって、どんなやりがいのある仕事だったとしても。

 

体調をコントロールできないような仕事の仕方をしちゃだめです。

 

自分だけの問題じゃないです。

 

もし、そういう無理をして、倒れたり過労死したりしたら・・。

 

周囲で見ていた人も傷つくし、親を泣かせるし、家族にもこれ以上ない位の悲しみと迷惑をかけるということを忘れないようにしないといけない。

 

人間一人の命は重たいんです。

 

自分が思っている以上にね。

 

だから、やっぱり「命がけで・・」なんて言葉は、軽々しくつかってほしくない。

 

つかうべきじゃない。

 

”BOKU"はそう思ってしまうのです。

 

関連情報

仕事のことカテゴリの記事一覧はこちらです。

arakan-pgm-ai.hatenablog.com