アラカン"BOKU"のITな日常

文系システムエンジニアの”BOKU”が勉強したこと、経験したこと、日々思うことを書いてます。

仕事とプライベートで態度を変えるのを、表裏があるとは言いません。

表裏のある人間は嫌われます。 

自分も嫌いです。 

でも、それは、例えばプライベートの同じ状況の中で相手によって違う顔を使い分けるような人のことです。 

例えば、さっきまで隣の奥さんに「いや、もう家族みんな奥さんのこと大好きで・・」なんて笑顔いっぱいで話していた人が、隣の奥さんがいなくなった途端に、別の人に隣の奥さんのこと大嫌いだって言うみたいな・・そういう感じですね。

 

仕事のときの顔とプライベートのときの態度が違うのは、表裏があるとは言いません。

 

仕事のときの顔とプライベートのときで態度を変えるのは当たり前

 

どんな仕事でも・・例えば人事部でも営業でも・・、その時の仕事で求められる顔・態度・話し方を求められます。 

素のままで、できる人ばかりではありません。 

意識して演技しないといけないことの方が多いです。 

それこそ、テレビドラマで俳優さんが割り当てられた役の人格にあわせて役つくりするようなもんです。 

俳優さんがプライベートと役で違っても当然ですよね。 

だから、仕事とプライベートで違っても当然だというわけです。

 

仕事中の顔だけで、その人自体を信用する人は格好のカモです

 

ところが。 

仕事中の顔を見て、その人のプライベートな部分まで信用してしまう人がいます。 

まあ、俳優さんが演じた役のキャラクターを、その俳優さん自身のプライベートに重ねてしまう人がたくさんいるのだから当然ですけど。 

例えば、すごく笑顔がすてきで親切な営業さんがいます。 

その人の仕事中の部分だけを見て、この人は本当に良い人だと思い込む。 

それでプライベートの部分での警戒をといてしまう。 

そういう人のことを、詐欺師くんたちは「格好のカモ」と呼んでます(笑)。 

例えばです。 

飲み屋さんのホステスさんとお客さんの関係ですかね。 

ホステスのお姉さま方は、気持ちよくお酒を飲んでもらうのが仕事で、それが自分の収入にもつながるのでお客さんを持ち上げます。 

多少気のあるふりをしたら、自分の利益になるタイプのお客さんだと思ったら、そうするでしょう。 

仕事上必要な技術みたいなもんですからね。 

だから、それを真に受けて、そのホステスさんにのぼせ上がって「本気で好きだったのに、裏切られた」なんて言ってる人の話を聞いたりすると、世間の人は、本気で「バカだな」と思います。 

それと一緒です。 

さて、そういうわけですので、仕事とプライベートで違うのは気にしないことにして、仕事をしている最中だけに絞って考えてみます。

 

仕事の中での一貫性のない人間は嫌われる

 

最近、気づいたことがあります。 

仕事で好かれる・好かれないって、良いキャラクターか悪いキャラクターかでわかれるわけじゃないってことです。 

良いなら良い。 

悪いなら悪い。 

それで一貫性がとれていると、不思議とどこかに受けれてくれる人がでてくるみたいなのです。 

たとえば、豊田真由子元議員とバイオリニストの高嶋ちさこさんの例を考えるとわかりやすいと思います。 

豊田真由子さんは「このハゲー!!」の絶叫で一躍日本人のほぼ全員が知っているくらいの有名人になりました。 

かなりのバッシングを浴びてましたが、それは豊田元議員がそういう「暴れる女」キャラとは真反対のキャラで通してたからだと、個人的には思ってます。 

自分の利益になる支持者に対する腰の低さや愛想の良さと、そうでない人たち(例えば、自分の秘書や美容室などのスタッフなど)に対する横柄さのギャップが、あのバッシングの原因じゃないのかなと。 

あの時、この発言「このハゲー!!」を高嶋ちさ子さんが言ったのならどうでしょう? 

ふと、そう考えてしまったんですよね。 

たぶん、「まあ、あれくらいは言うだろう」で終わってたような気がします(笑)。 

身内の人ですらそう思っていたみたいですから。

lineblog.me

 

ちょっと引用します。

「次はあなたよ」と母から電話があったり
「マネージャーの松田君が録音してないか確かめてから怒鳴るように」など、不必要なアドバイスまであったり。

 

当時は、かなり笑わせてもらいました。 

もちろん、いくら高嶋ちさ子さんでも、ああいう暴言が録音されて好評されたら非難は受けると思うのです。 

が、あそこまでのバッシング騒ぎにはならなかっただろうな・・と。 

だって、一貫性がありますもの。 

仕事で見せる顔は・・ですけど。 

豊田元議員にしても、高嶋ちさ子さんにしても、プライベートでどうなのかはまでは知りません。 

仕事で見せる顔のとおりかもしれないし、全然違うかもしれない。 

それでいいじゃないですか。 

興味もありません。

 

仕事の時に演技するにしても一貫性を持とう

 

繰り返しになりますけど、素の自分で仕事やるのは論外です。  

仕事にはなりません。 

個人的に自分の好きなタイプじゃないからと言って、顧客のキーマンにあたる部長さんとか役員さん相手に「あんたは嫌いだから、別の人つれてこい」なんて言えるわけないですしね。 

本音を隠して、笑顔を作るという「演技」は必須になるわけです。 

でも、演技するにしても一貫性を持ってやらないとだめですよ。 

そういうことです。