アラカン"BOKU"のITな日常

文系システムエンジニアの”BOKU”が勉強したこと、経験したこと、日々思うことを書いてます。

名言というのは、その言葉を言う価値のある人間が言うからこそ、人の心に響くのですね

言葉って人を選びます。 

同じ言葉でも言う人によって価値が変わるという事なんですけど。 

だから、「名言」なんて褒めてもらおうと思ったら、言葉がカッコイイだけでは駄目で、発言する本人自体がカッコイイ人間でないといけないんです。

 

そのハードルは超高い。

 

当たり前ですけどね。 

言葉だけなら誰でも言えます。 

そこらへんに名言集みたいなのは、いっぱいありますし、それを読んでエッセンスだけとってきて、「カッコイイ言葉」を作るくらい誰でもできます。 

例えば、こんな言葉。 

考える労力を惜しむと、前に進むことを止めてしまうことになります。

 

三者の評価を意識した生き方はしたくない。

自分が納得した生き方をしたい。

 2つとも、イチロー選手の言葉です。 

自分は大好きで、生きる道標にしている言葉です。 

でも、これもイチロー選手が言うから心に響くのであって、そのへんのおっさんに言われても、よくても「あーー、はいはい」で終わるだけです。 

どちらかといえば、「お前が言うなよ!」とか、「お前に言う資格はない!」とか言って、ディスるほうが可能性高いです。

 

好きだと言う資格が必要な言葉もある

 

前にあげたイチローの言葉なんかがそうなのですが。 

ちゃらんぽらんな生き方をしている人間は、その言葉を好きという資格もない。

そう、言われてしまう言葉は存在します。

 でも、だからこそ。

その言葉が好きだと言える様になりたいというモチベーションを生みます。

モチベーションは大事です。 

いきなり、生き方を変えられるわけじゃないですし。 

まだまだダメダメだなと、自分でも思う時ばかりなんですが。 

よりマシな生き方をしたい。

よりマシな人間になりたい。

そう思っていることが生きる支えになります。

そう思うきっかけを「言葉」がくれるわけですから。 

言葉というのは、すごい力を持っているなと思う所以です。 

言葉との出会いは大事です。

 

久々に印象的な言葉に出会ってしまいました。

 

イチロー選手の言葉とは、また違う意味で感動した言葉に出会いました。 

この本です。

指先で紡ぐ愛

指先で紡ぐ愛

 

 言葉を紹介する前に、背景を説明しとかないと、たぶん伝わらないので、ちょっと補足説明します。 

その言葉は、福島智さんと妻の光成沢見さんの間でかわされた言葉です。 

福島智さんは、世界で初めて「全盲ろう者」で正規の大学の教授になった人です。 

今は、東京大学教授でバリアフリー研究をされてます。 

全盲ろう者。 

つまり、目も見えないし、耳も聞こえない・・・。 

想像もできないです。 

それなのに、東京大学の教授をされているという、とんでもなく強く凄い人です。 

ジャンルは違えど、イチロー選手なみのインパクトがありますよね。 

その妻である光成沢見さんは指点字通訳者です。 

指点字とは、指を点字タイプライターに見立てて、指にタッチすることで言葉を伝えていく技術です。

www.benricho.org

 

このような夫婦ですから、妻の光成沢見さんにかかる精神的なプレッシャーは、当初大変なものだったみたいです。 

そんな背景の中、妻の光成沢見さんが、夫である福島智さんと同じ強さ・速さで生きていけないと感じて感情が爆発したときに、夫である福島智さんが言った言葉です。 

君が元気だから、君が何かをしてくれるから、僕は君と一緒にいるわけではないんだ。

君が病気でも、君が何もしなくても、ただ君が生きて存在しているという理由だけで、一緒にいるんだ。

○○だからという理由で一緒にいるのは、かけがえのあるものだ。

僕にとって君はかけがえのないものなんだから、一緒にいる。

理由はそれだけで十分なんだ。

 すごい愛の言葉ですよね。 

しかも強い。 

この言葉を普通の男性が言ったとしても、浮ついた気障なセリフにしか聞こえません。 

また、言われる相手の女性にも、それなりの資質を求める言葉です。 

とてつもなく強い男性が、同じように強い女性に対して、本気の愛情を持って語っているからめちゃくちゃ響く。 

まさにカッコイイ言葉とカッコイイ人たちの奇跡のマッチングだなあ。 

そう思いましたね。 

ああ、今日も良い言葉に出会えた。 

それだけで、得した気分になれます。 

言葉ってすごいです。