アラカン"BOKU"のITな日常

文系システムエンジニアの”BOKU”が勉強したこと、経験したこと、日々思うことを書いてます。

禁煙で非喫煙者の権利に偏るのはおかしい。喫煙者の権利もあわせて考えないと片手落ちです

最近、「全面禁煙」の場所が増えました。 

受動喫煙のリスクが色々言われていますからね。 

まあ、自分みたいな「元喫煙者」はそれほど神経質にならないのですが、一度も吸ったことのない人だと、「他人の吸った煙草で自分が病気になるなんて冗談じゃない。」と思ってもしかたないかなと思います。 

自分も今は非喫煙者ですから、有難いことではあるのですが。

 

非喫煙者の権利ばかりが主張されているように感じる時もあります

 

世間の風潮はすっかり「喫煙は悪」です。 

健康にもよくないし、壁や家具にニコチンが染み付いて汚れるし、嫌な臭いがするし。 

いいトコなしのように言われてます。 

喫煙者にも自業自得の部分はあります。 

歩き煙草をする人。

吸い殻を道路や溝に平気に捨てる人。

などなど、マナーの悪い喫煙者が多かったのも事実ですから。 

後、煙草の臭いですね。 

非喫煙者からすると耐えられない嫌な臭いだということに喫煙者は気づかない。 

だから、マンションのベランダにでて吸えばOKと思ってしまったりするんですね。 

実際には夏場とか窓から入ってくる煙草の煙の臭いに閉口した経験のある非喫煙者はいっぱいいるはずです。 

そういう部分の改善は必要です。

煙草を吸う・吸わないに関係なくですね。

とはいえ。

喫煙者は悪で、非喫煙者は正義・・それが正解だ・・みたいな風潮は気持ち悪いです。

だって、「喫煙者は隠れた高額納税者」ですからね。

煙草は法律で認められている「嗜好品」です。 

かつ、煙草の価格は、かなりの部分が税金です。 

煙草税だけで年間2兆円以上あるんですよ。
もっと、そこは主張してもいいんじゃないかな。

 

煙草を非合法としたら結構大変なことになるだろうし

 

仮に煙草を非合法にしたとしましょう。 

そうすると、煙草は販売できず、税収もなくなります。 

煙草や約4兆円の巨大産業です。

visualizing.info

タバコ産業に従事している人の数も葉たばこ農家・物流業者迄含めると膨大な数になるでしょう。 

その影響は凄まじいですよ。 

税収減の穴埋めだけでも、消費税増税などの追加負担を覚悟しないといけなくなるでしょうね。 

それに、単に法律で禁止したところで、結局のところ暴力団等の財源に化けるだけです。 

過去のアメリカの禁酒法なんかの悪法がそれを証明してます。 

だから、タバコ産業自体をなくすことはできないし、非合法にもできない。 

それが結論です。

 

喫煙者と禁煙者が気持ちよく共存できる方法を探すべきでは?

 

だから、バランスが大切だと思います。

喫煙者も「きちんと吸える場所の提供を求める権利」を訴えてもいいはずです。 

もちろん、非喫煙者も「煙草の煙の害をうけない権利」を主張すればよいんです。 

お互いにしっかり権利を認識したうえで話しあう。

それが必要だと思います。 

現実的な解としては、共存しかないです。  

喫煙者には気兼ねなくタバコを吸えて、禁煙者に受動喫煙リスクが及ばないような場所を提供する。 

自分は、密閉された喫煙室の設置が一番いいと思います。 

タバコを吸いたいお父さん用に「家庭用簡易喫煙室」もあっていいですよね。 

あと、喫茶店やレストランなどへの喫煙室設置奨励ですね。 

喫煙室設置が、スペース的に設置が難しい店は、「喫煙可」か「禁煙」かを明確にしてもらえればいいと思います。 

実際、非喫煙者である自分が困るのもそこですから。 

外に明確に「喫煙可」「喫煙不可」って書いといてもらえれば、非喫煙者は喫煙可を避けられます。 

逆に喫煙者の人は「喫煙可」の店にいけばいいですし。 

今はそこが中途半端だからダメなんです。

書いてないので、はいってみたら、灰皿が置いてある。

それを見て「しまった」って思うけど、いきなり出づらいから我慢する。

それが嫌なんです。

まず、喫煙可・喫煙不可の明示を義務にしてほしい。

そのうえで、非喫煙者に影響が及ばない「安全な喫煙場所」の設置を奨励してほしい。 

それもしないでですよ。

いきなり非喫煙者よりの極端な話ばっかりしても意味がないです。 

もっと、喫煙者の権利を主張する政治家やメディアはあってもいいです。

そのうえで議論して折り合いをつけていけばいいんですよ。 

うん。